ネットワークエンジニアを目指して・TCP/UDP - IPv6 グローバル・ユニキャストアドレスの割り当て

様々なアドレス割り当て方法

IPv6 アドレスを割り当てる方法には、以下のような方法があります。

  • Static で割り当て
  • DHCPを使ってのステートフルなアドレス設定
  • NDP を利用したステートレスなアドレス設定

○Static で割り当て
Static な割り当て方法は、まさにそのままで手動で IPv6 アドレスを
割り振る方法です。

○DHCPを使ってのステートフルなアドレス設定
IPv4 の DHCP と同様に DHCP サーバから IPv6 アドレスをもらう方法です。

○NDP を利用したステートレスなアドレス設定
リンクローカル・ユニキャストアドレスの割り当てをMACアドレスを
利用して自動的に割り当てられることを解説しました。

また、今回解説する NDP を利用したグローバル・ユニキャストアドレスの
割り当てもステートレスなアドレス割り当てになります。

これらのアドレス割り当て方法のことを、

ステートレス・アドレス・オートコンフィグレーション(Stateless Address Autoconfiguration)

と呼びます。

さてそれでは、実際に NDP を利用してグローバル・ユニキャストアドレスを 割り当てていく手順を見ていきましょう。

 

グローバル・ユニキャストアドレスの割り当て

ノードにリンクローカル・ユニキャストアドレスが割り当てられると、
制御用の IPv6 通信が可能になります。

まず、ノードはリンク上のルータに対して「ルータ要請パケット
(RS:Router Solicitation)
」を送信します。

RS パケットフォーマットは以下の通り

 

 

RS パケットの場合、Type フィールドは「133」になります。

当然、ルータの IPv6 アドレスは知らないので、マルチキャストで
送信します。

ルータがルータ要請パケットを受信すると、
ルータ応答パケット (RA:Router Advertisement) 」を返信します。

RA パケットフォーマットは以下の通り

 

 

RA パケットの場合の Type フィールドは「134」になります。

ルータ要請パケットには、「IPv6ネットワーク・プレフィックス」の
情報が含まれていますので、この情報を取り出し、リンクローカル・
ユニキャストアドレスを作成した時と同じ方法でプレフィックスと
インタフェース ID を組み合わせてグローバル・ユニキャストアドレスを
作成します。

最後に、リンク内に重複した IPv アドレスが存在しないかを確認し、
使われていないことを確認した後に、正式にインタフェースに
割り当てが行われます。

 

 

おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    メールマガジン

    ネットワ-ク初心者のみなさま。
    ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
    大変危険です!!

    「初心者にも理解できるネットワーク技術」

    これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
    ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

    もちろん無料です!!

    ↓メールマガジン購読はこちら↓

    メールアドレス:

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事