ネットワークエンジニアを目指して・TCP/UDP - IPv6 エニーキャスト・アドレス

エニーキャスト・アドレス

IPv4 にはなかったタイプのアドレスで、異なるインタフェースに
同じアドレスを割る振ることができます。

エニーキャストアドレス宛にパケットを送信すると経路制御プロトコルを
使って調査した距離の最も近いインタフェースに送信されます。

 

IPv6エニーキャスト

 

結果的にエニーキャストアドレスは 1 対 1 通信となるため、
通信はユニーキャストアドレスと同じといえば同じ。

このエニーキャストアドレスは、特別なアドレスレンジが
用意されているわけではなく、ユニキャストアドレスの
アドレスレンジの一部を利用します。

そのため、アドレススコープもユニキャストアドレスと同様に
以下の 3 つがあります。

  • リンクローカル・アドレス
  • グローバル・アドレス
  • サイトローカル・アドレス(すでに廃止)

 

エニーキャスト・アドレスとグローバル・アドレスを区別するには

エニーキャストアドレスはグローバルアドレスの範囲の一部を使用します。

そのためエニーキャストアドレスとグローバルアドレスを見た目で
区別することは出来ません。

ノードは、複数のインタフェースに同じグローバルユニキャストアドレスを
設定すると、それがエニーキャストアドレスであると認識します。 

 

予約済みのエニーキャストアドレス

エニーキャストアドレスの中には、予約済みのものがあり、
「サブネットルータエニーキャストアドレス」と呼ばれていて、
アドレスフォーマットは以下となっています。

 

IPv6
http://rfc.net/rfc1884.html

 

あるサブネット上に存在しているルータは、「サブネットルータエニーキャスト
アドレス」を認識していて、その「サブネットルータエニーキャストアドレス」
宛にパケットを送信すると、最も近いルータへ送信されます。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: