障害時のRIPの動作


RIPのメトリックの制限

以前RIPはメトリックとしてホップ数を使用して、
宛先経路を選択すると書きました。

このホップ数ですが、RIPではホップ数の「最大値」というものが
定められています。

RIPでは、ホップ数の範囲として、
0~16までと定義されています。

しかし、16は「到達しない」ということをことを意味する値のため、
実際にホップ数の最大値は「15」までとなります。

この値が意味するところは何でしょうか?

そうです、つまり

 「ネットワーク全体で最大でもルータを15台までしか経由出来ない」

ことを意味しているのです。

ルータが何百台規模という巨大なネットワークでは、RIPが使い物にならな
いことが分かりますよね。

障害時のRIPの動作

RIPが動作しているルータでは、ルータ自身が持っている経路情報を、
30秒ごと」に隣接している全てのルータに広告します。

 


もしこの30秒ごとの広告を受け取らないまま、
180秒」が経過した経路情報があった場合、
ルータはその経路情報をルーティングテーブルから削除します。

下図の例ですと、RTCからの広告がなくなった場合、
180秒後にRTCから受け取っていた経路情報が削除されます。

 

 


おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事