RIPの動作


RIPの動作

RIPは数あるルーティングプロトコルの中でも、非常に歴史が古いのですが、
そのシンプルさゆえに未だに現役で活躍しているプロトコルでもあります。

動作がシンプルなため、UNIX上でも動作するのも特徴の1つですね。

RIPは前回解説しました、「ディスタンスベクタ型」の代表的なルーティング
プロトコル
です。

目的地までの距離を判断するのに、「HOP数」という概念を使用しているの
もRIPの特徴の1つです。

「HOP数」とは、

 目的地にたどり着くまでに経由するルータの数

のことをいいます。

つまり、RIPは目的地まで最もHOP数の少ない経路を選択してパケットを転送
していく動作をするのですね。

 

下図のような構成で、書くルータがRIPを使用している場合、

RIPはHOP数の少ない経路を選択するので、

 


 

以下のようにルータを経由する数が少ない方の経路を選択します。

 


 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事