Cisco 7200 Simulator(5)

Cisco 7200 Simulatorに関する解説も今回で5回目。

今回は、シミュレータを動作させているPCのNICに、
仮想ルータのポートをくくりつける方法を解説していきます。

■ルータのポートを物理的なPCのNICにくくりつけてみよう
シミュレータを動作させているPCのNICに、
仮想ルータのポートをくくりつけることも可能です。

Dynamipsをインストールすると、デスクトップ上に
「Network device list」というショートカットが出来ているはずですので、
それをダブルクリックしてみます。

 

Cisco 7200 Simulator

ここで対象のNICの{}で囲まれた部分をメモります。

あとはそれを設定ファイルに記述してあげればOKです。

たとえば、仮想ルータのF0/0にくくり付けたければ、

f0/0 = NIO_gen_eth:\Device\NPF_{109795DA-26AF-42A8-BA2D-9B49233DA458}

と記述してあげます。



[localhost]
7200
image = \Program Files\Dynamips\images\c7200-jk9o3s-mz.124-7a.image
npe = npe-400
ram = 160

ROUTER Zapp
console = 2001
#コンソールのTCPポート番号を指定
f0/0 = NIO_gen_eth:\Device\NPF_{109795DA-26AF-42A8-BA2D-9B49233DA458}
#FastEthernet0/0を物理NICにくくり付ける

以上の設定ファイルで起動させると、Fa0/0インタフェースと
PCのNICが括り付けられ、外部との通信が可能になります。

試しに Cisco2600 ルータとOSPFを動作させてみましたが、
問題なく Neighbor の確立もでき、ルーティングの交換も
できました。

さて、 5回に分けて「Cisco 7200 Simulator」について
解説してまいりましたがいかがでしたでしょうか?

まだまだ解説していない内容もあったのですが、
ここで一区切りとさせていただきます。

基本的なことは解説しましたので、あとは自身で
マニュアル等を読んでいただければと思います。

「Cisco 7200 Simulator」は現在も頻繁に
バージョンアップしているようなので、
新機能等が追加された時などはブログにでも
書いていきたいと思っております。


おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    メールマガジン

    ネットワ-ク初心者のみなさま。
    ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
    大変危険です!!

    「初心者にも理解できるネットワーク技術」

    これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
    ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

    もちろん無料です!!

    ↓メールマガジン購読はこちら↓

    メールアドレス:

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事