QoS - GTS(Generic Traffic Shaping)

 

GTS(Generic Traffic Shaping)

GTS はインタフェース単位やアクセスリストを使用して
トラフィックを選別して帯域制御を実現する方式です。

設定は traffic-shape コマンドを使用します。


router(config-if)# traffic-shape rate CIR値(bits) [ Bc値 [Be値] ]

 

GTS の設定例

設定例を見てみましょう。


router(config)# interface FastEthernet 0/0
router(config-if)# traffic-shape rate 8000 8000

Tc(定期的にトークンが入る間隔)は以下の式から算出可能です。

Tc = Bc / CIR

上記設定例の場合、8000/8000=1(1000msec)ですので、
トークンの補充は 1000msec 毎に 8000bit となります。

つまりルータは、1 秒間に 8000bit 分のパケットを送出可能、
8kbps の帯域で送出が可能となります。

アクセスリストによるパケット選別

アクセスリストを使ってパケットを選別する場合のは
以下の設定を行います。


router(config-if)# traffic-shape group ACL番号 CIR値(bits) [ Bc値 [Be値] ]

設定例は以下の通り。


router(config)# access-list 101 permit ip host 10.1.1.1 any
router(config)# interface FastEthernet0/0
router(config-if)# traffic-shape group 101 1024000

 

GTS の確認

GTS の確認は「show traffic-shape」コマンドで確認可能です。


R1# show traffic-shape FastEthernet 0/0
Interface Fa0/0
Access TargetByte Sustain ExcessIntervalIncrement Adapt
VC List RateLimitbits/intbits/int(ms)(bytes) Active
- 80002000 8000800010001000-

 

GTS の注意点

最後に GTS の注意点を書いておきます。
Cisco IOS の GTS の動作は、トークンのサイズは FCS を除く
イーサネットヘッダーを含む部分を考慮します。

例えば「traffic-shape rate 10M」と設定した場合、転送速度は
プリアンブル、IFG、FCS を含めたデータで 10Mbps の転送速度に
なります。

しかし GTS ではプリアンブル、IFG、FCS は考慮しませんので、
実際に GTS が動作するのは、10Mbps を超えてからになります。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事