Tracerouteを使った正常性の確認

Pingと同様に通信の正常性を確認するコマンドとして TraceRoute があります。TraceRouteは宛先に到達するのにどの経路を通っているのかを知ることができます。

例えば宛先まで通信が出来ないという障害があった場合、TraceRouteを使用すればどの経路を通ってどこで通信が途切れてしまったのかを調べることが出来ます。

CiscoルータでTracerouteを使用する場合は以下のコマンドを実行します。

Router#traceroute [宛先IPアドレス]

コマンド実行結果

router#traceroute 172.16.1.1

Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 172.16.1.1

 1 192.168.1.2 16 msec 16 msec 16 msec
 2 172.16.1.1 20 msec 16 msec 16msec

Pingと同じようにTraceRouteにも実行結果に表示される文字によって、成功や失敗といった意味を表しています。
それぞれの意味については以下の通りです。

拡張TraceRoute

Pingに拡張Pingがあるように、TraceRouteにも拡張TraceRouteという機能が用意されています。

拡張TraceRouteを使えば、拡張Pingと同様に送信元のIPアドレスを指定することが可能になるなど、さまざまなオプションを指定できます。

コマンド実行結果

router#traceroute
Protocol [ip]: 「リターン」
#何も入力せずにリターンキーを押下すると括弧内の値が使用されます。

Target IP address: 10.10.10.1 「リターン」
#宛先のIPアドレスを入力

Source address:10.1.1.1 「リターン」
#送信元IPアドレスを変更

Numeric display [n]: 「リターン」
Timeout in seconds [3]: 「リターン」
  Probe count [3]: 「リターン」
  Minimum Time to Live [1]: 「リターン」
  Maximum Time to Live [30]: 「リターン」
  Port Number [33434]: 「リターン」
  Loose, Strict, Record, Timestamp, Verbose[none]: 「リターン」

Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 172.16.1.1

 1 192.168.1.2 16 msec 16 msec 16 msec
 2 172.16.1.1 20 msec 16 msec 16msec

PingやTraceRouteを途中でキャンセルするには?

Pingやtracerouteコマンドを実行した時に宛先に到達できない場合、Pingであればデフォルトで5回、TraceRouteであればデフォルトで30回動作が繰り返されます。

実際に体験してみると分かるのですが、これが非常に時間が掛かります。とくに障害対応している時などは、余計にイライラしてきます。

そんなときは、強制的に終了させちゃいましょう。

Pingやtracerouteコマンドを強制的に終了させるには、

[ctrl] + [shfit] + [6]

を同時に押せば止まります。

なかなか止まらない場合は、[ctrl] と [shfit] を押しながら [6] を連打すれば止まるはずですので試してみてください。

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事