ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > RIPについて > RIPの弱点とは?

RIPの弱点とは?

Bookmark this on Hatena Bookmark   


RIPの弱点とは?

ここまでRIPについて説明してきました。

「なんだか動作も分かりやすくて簡単ジャン!!」

なんて思った方もいるのではないでしょうか。

しかしその簡単な動作原理であるが故に、欠点も存在しちゃうんです。

今回はRIPの代表的な欠点について、解説します。

 

RIP:回線速度なんてわかんなぁい。

RIPが最適経路を選択するポイントは、
HOP数(経由するルータ数)でしたよね。

「経由するルータ数が少なければ少ないほど近いはずだ」
という前提のもと最適経路を選択しているわけです。

でもここでよく考えてみますと、

「実は経由するルータ数が多くても回線の帯域が大きい経路であれば、
そっちの方が最適なんじゃあ…?」

まさしくその通り。

HOP数が2で、回線帯域が100Mbpsの経路と、
HOP数が1で1Mbpsの帯域では絶対的に帯域が100Mbpsの経路の方が
最適ですよね。

しかし残念ながらRIPはHOP数の少ない帯域が1Mbpsの経路を
選んでしまいます。

あまり効率が良くないですよね。

RIP:おっきなネットワークでは通用しませぇん。

以前にも書きましたが、RIPのメトリックはホップ数を使用していて、
最大でも16までという制限があります。
16ホップ目は「不到達」を意味するので、実際には15ホップまでの
ネットワークしか通用しないのです。

またRIPを使用しているルータは、自身が持っている全ての経路情報を、
30秒おきに隣接ルータに送信しています。
当然ネットワークの規模が大きくなれば、経路情報も大きくなり、
流れるトラフィックも大きくなりますよね。

低帯域の回線を使用していれば、RIPのルーティング交換のトラフィックだけで
回線を圧迫するなんてことにもなりかねません。

あまり効率が良くないですよねぇ。

 

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

ディスタンスベクタ
ディスタンスベクタ型ルーティングプロトコルとは?

ディスタンスベクタ型の欠点
ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルに存在する欠点とは?

RIPの動作
RIPの動作を解説していきます

RIPでのルーティングテーブルのやり取り(1)
RIPでのルーティングテーブルのやり取りを見ていきましょう

RIPでのルーティングテーブルのやり取り(2)
RIPでのルーティングテーブルのやり取りを見ていきましょう

障害時のRIPの動作
障害時のRIPの動作を見ていきましょう

複数経路がある場合のRIPの動作
経路が複数あった場合、RIPはどのような動作をするのでしょう

RIPの弱点とは?
シンプルだからこそのRIPの弱点とは?

RIPとネットマスク
RIPとネットマスクの関係とは?

スプリットホライズン
RIPでルーティングループを防ぐ技術「スプリットホライズン」の解説

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: