ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > QoS > QoS - DSCP

QoS - DSCP

Bookmark this on Hatena Bookmark   

DSCP

DSCP は、「Differentiated Services Code Point」の略で、
IP Precedence と同様に、パケットに優先度を付ける場合に使用します。

IP Precedence は IP ヘッダー内の ToS フィールドの 8bit のうちの
先頭 3bit を使用しました。

 

 

DSCP は ToS フィールドの 8bit のうち、先頭 6bit を使用します。

 

 

IP Precedence の場合は、8 段階の優先度でしたが、DSCP は 64 段階の
優先度を付けることが可能
です。
このことからも分かるように、DSCP は IP Precedence よりも細かい
QoS 制御を行うことが可能
というわけ。

 

DSCP を使用した優先度振り分け

DSCP で使用する 6bit のうち、先頭 3bit で優先度クラスとしての
振り分けを実施し、後ろの 3bit でパケット破棄の割合を指定
します。

先頭 3bit は IP Precedence と同じ箇所を使用しているため、
互換性があります。
また、最後の 1bit は、「0」が standard、「1」が試験用として
予約されていますので、通常は最後の bit は常に「0」となります。

優先度の振り分けは DSCP 値ごとに「PHB(Per-Hop Behavior)
と呼ばれる、定義で分けられた種類ごとにクラス分けを行います。

PHB

DSCP 値ごとの PHB は以下の通りです。

 

 

・CS(Class Selector)
CS は先頭 3bit のみ使用し、後半 3bit は 000 がセットされるため、
IP Precedence と互換性があります。
CS0 ~ CS7 までで、例えば、CS5 なら、IP Precedence 5 と同じです。

・AF(Assured Forwarding)
AF は AF11 ~ AF43 までで。先頭 3bit の値が大きいほど優先度が高く、
後半の 3bit の値が大きいほど破棄優先度が高い(Drop されやすい)値と
なります。

・EF(Expedited Forwarding)
EF は DSCP 値が「101 110」でユーザデータの中で最優先パケットで
あることを意味しています。
通常は音声パケットなどのトラフィックに EF ビットを付与します。

 

DSCP 設定例

ルータにてパケットの DSCP 値を変更する場合は、
以下のように設定します。

たとえば、10.1.1.0/24 宛のパケットのみ「DSCP 46」に
変更し、それ以外のパケットの DSCP 値は変更しない
設定を行う場合は、

router(config)# access-list 101 permit ip any 10.1.1.0 255.255.255.0
router(config)# class-map match-all C_ippre-5
router(config-cmap)# match access-group 101
router(config)# policy-map P_ippre-5
router(config-pmap)# class C_ippre-5
router(config-pmap-c)# set dscp 46
router(config)# interface FastEthernet 0/0
router(config-if)# service-policy input P_ippre-5

 

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

QoSとは
QoSの基本

QoS - クラス分類とマーキング
クラス分類とマーキングについて学んでいきましょう

QoS - それぞれの機能
QoSの3つの基本機能について

QoS - 輻輳制御 (Queueing)
輻輳制御 (Queueing)についての解説

QoS - プライオリティ・キューイング(PQ)
プライオリティ・キューイングについての解説

QoS - カスタムキューイング(Custom queueing)
カスタム・キューイングについての解説

QoS - カスタムキューイング(Custom queueing)その2
カスタム・キューイングについての解説

QoS - WFQ(Weighted Fair Queue)その1
WFQ(Weighted Fair Queue)についての解説

QoS - WFQ(Weighted Fair Queue)その2
WFQ(Weighted Fair Queue)についての解説

QoS - IP Precedence
IP Precedenceについての解説

QoS - DSCP
DSCPについての解説

QoS - CBWFQ
CBWFQについての解説

QoS - LLQ (Low Latencey Queuing)
LLQについての解説

QoS - WRED(Weighted Random Early Detection)
WREDについての解説

QoS - ポリシングとシェーピング
ポリシングとシェーピングについての解説

QoS - GTS(Generic Traffic Shaping)
GTSについての解説

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: