プロジェクト統合マネジメント

プロジェクト統合マネジメントは、「プロジェクトマネジメント・プロセス群内の各種プロセスとプロジェクトマネジメント活動の特定、定義、結合、統一、調整等を行うために必要なプロセスおよび活動」と定義されています。

統合とは「プロジェクトを完了し、ステークホルダーの期待をマネジメントし、要求事項を満足させるために、統一、集約、明確化、統合的な処置を行うこと」と記載されています。

PMBOKには、プロジェクト統合マネジメントの活動について色々と書いてありますが、まとめてみると以下のようになります。

  • 統一、集約、明確化、統合的な処置を行う
  • 各プロセス間の統合マネジメント
  • 定常業務との統合マネジメント
  • プロジェクトマネジメント計画書とプロジェクト文書のマネジメント

さらに、PMBOKには「統合的な性質」をもつ活動として以下についても記載されていますので、併せておさえておきましょう。

  • スコープの分析と理解。さらにスコープをマネジメントする方法
  • 情報を収集する方法の理解、およびプロジェクトマネジメント計画書へ反映する方法の理解
  • 要素成果物を生成するためのアクティビティの実行
    ※アクティビティとは、要素成果物を作成するための作業のこと
  • プロジェクトの進捗に関わるすべての状況の測定・監視、および目標を達成するための適切な処置

プロジェクト統合マネジメントプロセスには、以下の6つがあります。

  • 立上げプロセス群
    プロジェクト憲章作成
  • 計画プロセス群
    プロジェクトマネジメント計画書作成
  • 実行プロセス群
    プロジェクト実行の指揮・マネジメント
  • 監視・コントロール・プロセス群
    プロジェクト作業の監視・コントロール
    統合変更管理
  • 終結プロセス群
    プロジェクトやフェーズの終結

プロジェクトマネジメントのプロセスマップ

PMBOK 第5版対応版はこちら

PMBOK 第5版に対応した解説書はKindleにて販売中ですので、よろしければこちらもどうぞ!