プロジェクト調達マネジメントは、作業の実行に必要なプロダクト、サービス、所産をプロジェクト・チームの外部から購入または取得するプロセスと定義されています。

  • 計画プロセス群
    • 調達計画
  • 実行プロセス群
    • 調達実行
  • 監視・コントロール・プロセス群
    • 調達管理
  • 終結プロセス群
    • 調達終結

プロセスマップ

プロジェクト調達マネジメントでは契約(購入者と納入者間で取り交わす法的な文書)を扱います。契約とは、納入者に特定のプロダクト、サービス、所産を供給する義務を負わせて、購入者にそれに対する金銭などの対価を支払う義務を負わせる、互いに他を拘束する協定のことです。

調達マネジメントは原則として契約を前提としています。そのため、購入者(発注者)と納入者(受注者)の間には以下のような関係があります。

  • 購入者は顧客であり、納入者にとってプロジェクトの重要なステークホルダーである。
  • 納入者のプロジェクトマネジメント・チームは、単にプロジェクト調達マネジメントのプロセスだけではなく、プロジェクトマネジメントの全プロセスにかかわる。
  • 契約条件は、納入者が実施する多くのマネジメント・プロセスに対する重要なインプットとなる。契約書にはインプットを含め、納入者のプロジェクト・チームの選択肢を制限する。

プロジェクト調達マネジメントは、プロダクト・サービス・所産などを調達したいという動機に基づいて開始されるため、調達品目ごとにプロセスが実行されます。

PMBOK 第5版対応版はこちら

PMBOK 第5版に対応した解説書はKindleにて販売中ですので、よろしければこちらもどうぞ!