組織体の環境要因とは「プロジェクトを取り巻き、プロジェクトの成功に影響を与える内部と外部の環境要因のことである」と定義されています。

内部だけでもなく、外部だけでもありません。
内部と外部の環境要因であることを忘れないように。

PMBOKには、組織体の環境要因の例として以下が記載されています。

  • 組織文化、体制、プロセス
  • 国家標準、業界標準
  • インフラストラクチャー
  • 既存の人的資源
  • 人事管理
  • 企業の作業認可システム
  • 市場状況
  • ステークホルダーのリスク許容度
  • 政治情勢
  • 組織のコミュニケーション・チャネル
  • 商用データベース
  • プロジェクトマネジメント情報システム

後ほど出てきますが、組織体の環境要因はさまざまなプロセスのインプットとなりますが、プロセスごとに参照する項目が異なりますので、各プロセスごとに何を参照するのかは理解するようにしましょう。

また、併せてアウトプットとして更新されるものも覚えておきましょう。
アウトプットとして更新するのは、人的資源マネジメントにおける「プロジェクト・チーム育成」「プロジェクト・チームのマネジメント」の2つだけです。

PMBOK 第5版対応版はこちら

PMBOK 第5版に対応した解説書はKindleにて販売中ですので、よろしければこちらもどうぞ!