プロジェクトとは、「独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施する有期性のある業務」と定義しています。

この定義は非常に重要ですので、覚えておきましょう。

独自性
 ユニークであり、定常業務ではないこと

有期性
 明確な始まりと終わりがあること

ここで言っている終わりとは、プロジェクトの目標が達成されたときはもちろんですが、何らかの原因(プロジェクト目標が達成されそうもないときや、達成できないとき、あるいはプロジェクトの必要性が失われたときなど)でプロジェクトが中止されたときも含みます。

逆にいえば、終了がない仕事はプロジェクトではありません。
終わりのない仕事は定常的な業務であって、プロジェクトではないことは覚えておきましょう。

「すべてのプロジェクトは独自のプロダクト、サービス、所産を創造する」

プロダクト
 最終成果物あるいは、その構成要素

サービス
 仕事を実施する能力や機能

所産
 プロジェクトでアウトプットされた成果

PMBOK 第5版対応版はこちら

PMBOK 第5版に対応した解説書はKindleにて販売中ですので、よろしければこちらもどうぞ!