サブネットマスク


アドレスクラスの概念は、IPアドレスの先頭から数ビットの値によって5つ
(実際に使用できるのはクラスA,B,Cの3つ)の種類に分けるという概念で
したね。

アドレスクラスは各クラスごとに使用できるネットワーク数とホスト数が決
められていますね。
そのため、たとえばあるネットワークの端末台数が10台しかないのに、べつ
のネットワークでは250台の端末があるような場合、クラスCを利用するかク
ラスBを利用するか悩みどころですよね。

このようにアドレスクラスを利用すると、実際のネットワークの実情に即した
きめ細かいIPアドレス管理ができないわけです。

そこで新たに考え出された概念が、“サブネット”という概念です。

サブネットという概念

サブネットワークを利用すると、アドレスクラスごとのホストアドレスの範
囲をさらに細かく分割することができます。
そのためIPアドレスの無駄が無くなるわけですね。

このサブネットワークを理解するために必須の知識が“ネットマスク”です。

ネットマスク

ちょっと確認してみましょう。

ここではWindows2000を例にとって確認してみます。

まずはコマンドプロンプトを起動します。

[スタート]→[ファイル名を指定して実行]を選択。

名前欄に「cmd]と入力して「OK]を押下。

これでコマンドプロンプトが起動したと思います。

コマンドプロンプト内で「ipconfig」と入力しリターンキーを押下してみてください。


クリックすると大きな画像で見れます

何やら数字の羅列が表示されたと思います。

その中のIP Addressの下にSubnet Maskってのがあると思います。
ハイ、これがネットマスクです。

“IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.10.158”
“Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0”

ネットマスクはIPアドレスと同じように、32ビットで表される情報で、“1”
で表される部分がネットワークアドレスを、“0”で表される部分がホスト
アドレスを意味します。

IPアドレスとネットマスクさえ分かれば、ネットワークアドレスとホストア
ドレスを分けることが出来るのです。

サブネットマスク:AND演算を使いましょう。

IPアドレスとネットマスクをAND演算すればあっという間に分けることが出
来ちゃいます。

まずAND演算について簡単に説明しますね。

2つの値のうち、両方の値が“1”であれば、答えは必ず“1”になり、どち
らかが“0”の場合は答えは必ず“0”になります。

つまり、

ってな具合。

さて、これを踏まえてもう一度IPアドレスとネットマスクを見てみますと、

“IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.10.1”
“Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0”

まず、それぞれを2進数に変換します。

2進数の変換方法は分からない?

そんなときは 2進数と10進数の変換をもう一度確認してくださいませ。

ネットワークアドレスを取り出す

“IP Address : 11000000.10101000.00001010.00000001”
“Subnet Mask : 11111111.11111111.11111111.00000000”

では、まずはネットワークアドレスを取り出してみましょう。
ネットワークアドレスを取り出すには、IPアドレスとネットマスクを単純に
AND演算すれば出てきます。

“IP Address : 11000000.10101000.00001010.00000001”
“Subnet Mask : 11111111.11111111.11111111.00000000”
──────────────────────────
11000000.10101000.00001010.00000000

結果を10進数に直すと…

“192.168.10.0”

となり、これがネットワークアドレスになります。

ホストアドレスを取り出す

さぁ続いてホストアドレスを取り出してみましょう。
ホストアドレスを取り出すにはIPアドレスと“ネットマスクの逆数”をAND
演算します。

つまりこういうこと。

“IP Address : 11000000.10101000.00001010.00000001”
“Subnet Mask : 00000000.00000000.00000000.11111111”
──────────────────────────
00000000.00000000.00000000.00000001

結果を10進数に直すと…

“0.0.0.1”

となり、この値がホストアドレスになります。

ネットマスク

ネットワークアドレスとホストアドレスを取り出すのに使用したネットマス
クについて簡単に説明します。
ネットマスクはIPアドレスと同じ32ビットで表されます。
それぞれのビットで“1”の箇所がネットワークアドレスで、“0”の箇所が
ホストアドレスになるわけですね。
ネットマスクはそれ単体で使われることはなく、つねにIPアドレスにくっつ
いて初めて意味をもつ情報です。

ちなみにネットワークアドレスの表記方法は、後ろに“/”を付けてネット
マスクのビット数を表記するのが一般的ですね

“192.168.10.0/24”

こんな感じで。

この表記方法を「プレフィックス表記」といいます。

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事