PMBOK 第5版に対応した解説書はKindleにて販売中ですので、よろしければこちらもどうぞ!

4.6 プロジェクトやフェーズの終結

LINEで送る
Pocket

「プロジェクトやフェーズを公式に終了するために、すべてのプロジェクトマネジメント・プロセス群のすべてのアクティビティを完結するプロセス」と定義されています。

プロジェクト・マネジャーはすべての作業が完了し、その目標を達成したことを確認する必要があります。
そのために前フェーズから引き継いだすべての先行情報をレビューします。
また、プロジェクト・スコープをレビューして、確実に完成しているかどうかも併せて確認します。

プロジェクトやフェーズの終結プロセスは、プロジェクトやフェーズの事務終了のためのすべての活動を含むのもポイントです。

  • 完成基準や終結基準を満たすために必要な処置や活動
  • プロダクトやサービス、所産を次のフェーズ、または生産部門や運用部門へ引き渡すために必要な処置および活動
  • プロジェクトやフェーズを記録し、教訓を集めて、将来活用するために情報を保管するために必要な活動

プロジェクトやフェーズの終結のインプット、ツールと技法、アウトプットは以下の通りです。

インプット

プロジェクトマネジメント計画書

4.2 プロジェクトマネジメント計画書作成参照

受入れ済み要素成果物

スコープ検証プロセスで受け入れられた要素成果物

組織のプロセス資産

プロジェクトやフェーズの終結に影響を与える組織のプロセス資産には以下のようなものがあります。

  • プロジェクトやフェーズの終結のガイドラインあるいは要求事項
  • 過去の情報と教訓の知識ベース

ツールと技法

専門家の判断

プロジェクトやフェーズの終結が適切な標準に従って行われることを確実にするために専門家の判断を利用します。

アウトプット

最終成果物、サービス、所産の移管

最終のプロダクト(フェーズの場合は中間のプロダクト)や、サービス、所産の移管

組織のプロセス資産更新版

  • プロジェクト・ファイル
    プロジェクトの活動結果として生じた文書
  • プロジェクトやフェーズの終了文書
    プロジェクトやフェーズが完成したことを示す公式文書
    要素成果物を定常業務グループや次のフェーズに移管したことを示す公式文書
    プロジェクトが中止した場合、その理由や成果物を引き渡す手順など
  • 過去の情報
    過去の情報や教訓は、将来のプロジェクトやフェーズで利用するために教訓や知識ベースへ登録する
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。