ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > TCP/IP技術 > トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:ipconfig、netstat

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:ipconfig、netstat

Bookmark this on Hatena Bookmark   

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:ipconfig、netstat

ネットワークのトラブルが発生した!!

そんな時にトラブルの切り分けに使えるような
コマンドを紹介していこう。

いざというときに知っておけば、幸せになれるかもしれませんよ。

ちなみにこれから紹介していくコマンドは、
もっとも使用頻度が高いと思われるWindowsXPで
使用できるコマンドを中心に紹介していきます。

ipconfig:ネットワークの設定情報を確認する

ipconfigコマンドは、ネットワークの設定情報を確認するコマンドです。

オプションを付けずに実行すると、NICに設定しているIPアドレス、
サブネットマスク、デフォルトゲートウェイが表示されます。

全ての設定情報を表示するには「/all」オプションを付けることで
確認することが出来ます。

 ipconfig /all

○ipconfigコマンドのTips
ipconfigコマンドは、設定を確認する以外にもDHCPで払い出された
IPアドレスの更新や解放を行うためにも使用されます。
IPアドレスをDHCPを使って取得していて、DHCPリースを更新したい場合、
/renew」オプションを付けて実行します。

 

ipconfig

 DHCPリースを解放したい場合は「/release」オプションを付けて
実行します。

 

ipconfig

 

netstat:ネットワークの統計やルーティングテーブルの確認

netstat」コマンドは、様々なオプションを使用することで
ネットワークの統計情報やルーティングテーブルを確認することができます。

○-a:TCPポートの接続状況や接続待ちのポートを表示
「netstat」コマンドに -a オプションを付けて実行すると、
コンピュータと接続中のTCPコネクションの接続状況や
TCP/UDPの受信待ちポートを確認することができます。

netstat

出力結果を見ると、ポート番号が自動で変換されているものがあります。
これは、「%Systemroot%\System32\Drivers\Etc\Services」ファイルの
記述に従って変換されています。
同様にホスト名も名前解決されている場合もあります。

これらの変換をさせずに表示させたい場合は、 -a と -n オプションを
併用すれば解決できます。

 netstat -an

さらに接続状況が「LISTENING」となっているものは、コンピュータの
そのポート番号が接続待ちの状態であることを示しています。
ESTABLISHED」だと、TCPコネクションが確立し、データ送受信が
可能な状態を示しています。
他にも「SYN_RECEIVED(TCPコネクション確立中)」や
CLOSE_WAIT(切断中)」などの状態があります。

また、UDPはコネクションレスのプロトコルであるため、接続状態という概念は
存在しませんからご注意下さい。

○-e:Ethernetの統計情報を表示
netstatコマンドに -e オプションを付けて実行すると、
NICで送受信されるパケットの統計情報を確認することができます。
送受信しているバイト数の合計の他にも、ユニキャストや
アンユニキャストパケットの総数を確認することも出来ます。

 

netstat

また、パケットのエラー数も表示され、この値は通常は「0」なのですが、
ネットワーク機器の故障などが発生している場合、この値が上昇する
場合があります。

○-s:各プロトコルごとの統計情報を表示
先ほどの -e オプションではEthernetパケットの統計情報の確認でしたが、
-s オプションを付けると上位レイヤの統計情報を確認することが
できます。

 

netstat

-s オプションを使うと、IP、IPv6、ICMP、ICMPv6、TCP、TCPv6、UDP
および UDPv6 の統計が表示されます。

 

○-r:ルーティングテーブルを表示
「netstat」コマンドに -r オプションを付けて実行すると、
そのコンピュータの経路情報を確認することができます。

詳細な解説は以下のURLでしていますので、確認してみてください。

デフォルトゲートウェイ

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:Ping
pingコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:ipconfig、netstat
ipconfig、netstatコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:tracert
tracertコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:PathPing
PathPingコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:ARP
ARPコマンドの活用方法

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: