IPアドレス


今回からIPアドレスについて解説していきたいと思います。

IPについて理解することは、ネットワークについて 3割 理解したといっても
過言ではありません。

それぐらい大事ですので、ぜひともマスターしましょう。

まずは自分のコンピュータのIPアドレスを調べてみよう。

 ここではWindows2000を例にとって確認してみます。

 コマンドプロンプトを起動します。

 [スタート]→[ファイル名を指定して実行]を選択。

 名前欄に「cmd]と入力して「OK]を押下。

 これでコマンドプロンプトが起動したと思います。

 コマンドプロンプト内で「ipconfig」と入力しリターンキーを押下してみてください。

 何やら数字の羅列が表示されたと思います。

 その中のIP Addressにある数字が、自身のコンピュータのIPアドレスになります。

  “IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.10.158”

IPアドレスの表記方法

 IPアドレスは4bytes(32bit)からなる数値で、実際には2進数として使用され
  ているが、分かりやすいように1bytes(8bit)ごとに10進数に変換して、
  「.」(ピリオド)で区切って表記されます。

 【IPアドレスの例】
10101100 00010000 00000001 00000001 ← 2進表記
172 . 16 . 1 . 1   ← 10進表記

11000000 10101000 00001010 00000001 ← 2進表記
192 . 168 . 10 . 1   ← 10進表記

IPアドレス:デジタルな世界

 2進数表記と10進数表記が登場したところで、ネットワーク通信で使われる
  デジタルな世界について簡単に書いてみよう。

 デジタルな世界での情報は…
  ・全てのデータを数字の「0」と「1」で扱う。
  (もちろん文字、画像、動画、音声全部)
  ・全て数字なので処理がらくちん。
  ・コピーとかも簡単にできちゃいます。

 とまあデジタルな世界の情報は全てにおいて数字で表すわけです。

 で、この「0」と「1」の数字の羅列の数によって情報量の単位というもの
  が決まっています。

 1つの数字を1Bit(ビット)と呼び、1Bitが8つ集まると1Byte(バイト)
  呼ぶ単位になります。

  “1”や“0”が8つ集まると・・・“10100001”(1Byteになるわけです)

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: