Open vSwitchがLISPをサポート

LISP

Open vSwitch にLISP機能が追加されたようです。

[ovs-git] Open vSwitch: Add support for LISP tunneling (master)

ちなみに、ここでいっているLISPは、プログラミング言語のLISPではなくて、Locator/ID Separation Protocolの略のほう。

仮想化の普及でIPレイヤーでも色々と変化が起きている

色々と応用できそうではあるけど、実際に商用でLISP使っているところってあるのかなぁと調べてみたところ、Facebookで使われているっぽい。

LISP Deployment at Facebook(PDF)

参考文献

Cisco LISP – The Locator/ID Separation Protocol
Locator/ID Separation Protocol

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください