顧客の気持ちになって考えろって、言葉で言うのは簡単だけれども

medium_6774558732

「顧客の気持ちになって考える」というのはビジネスの基本。
でも、新人にこの言葉を伝えても、なかなか腑に落ちてくれない

そもそも、新人で入社したメンバーは、顧客の立場になったことがないわけで、
そんな状態で顧客の気持ちなんて分かりっこないんですよね。
どれだけ伝えても、ぼんやりとしか分からないのも無理ないです。

顧客の気持ちを理解する手っ取り早い方法は、
実際に顧客の立場になること。
なんだけど、全社員がそんな経験をすることなんて到底無いわけで、
やっぱり難しい。

現実的でかつ効果の高い方法はないものかと考えてみたんだけど、
改めて積極的に顧客に関わることが重要なんだと思った次第。

仕事上で積極的に絡んでいくのはもちろんだけど、
プライベートでもある程度接近することも必要なんじゃねえかと。

例えば顧客と一緒に飲みに行くとか。
それぐらい絡めることが出来れば、自ずと顧客の気持ちが
分かってくるんじゃないかなぁと。

泥臭いし、エンジニアはやりたがらないことだけど、
やりたがらないことをやることで、他者より一歩抜きん出る
エンジニアになれるんじゃないかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください