意外に多い?仮想化で十分な効果が出ない企業

「仮想化技術を導入した企業の多くは,コストやリソースの節約を実現できていない」—。Interop Las Vegas 2009(5月17~21日に米国で開催)に来場した120人のネットワーク・エンジニア,ITマネージャ,IT部門幹部に対するアンケートで,このような結果が得られたという

意外に多い?仮想化で十分な効果が出ない企業:ITpro

仮想化のメリットはコストだけではなく、「スケーラビリティ」「コスト」「高可用性」にあると思っています。
コストやリソースの節約が、以前と変わらなかったとしても高可用性が向上するのであれば、導入して良かったとなるのでしょうし、「スケーラビリティ」「コスト」「高可用性」の全てが導入前よりも悪くなるのであれば、導入を見送るべきでしょうし。
いずれにしても導入前の検討は、慎重にですな。(新技術に関しては特に)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください