IPパケットの中身


IPパケットの中身

ここまでルーティングという機能を使ってIPパケットを宛先まで届ける動作
を説明してきました。

ルーティングはIPパケットの宛先IPアドレスをチェックして次の宛先を決定
します。

さて、ではこのIPパケットって何なのでしょう?
パケットの中身には何があるの?

そこで今回はちょっとIPパケットの中身を覗いてみましょう。

IPを基にしたネットワークでは、データを“パケット”と呼ぶ固まりに格納
します。

そしてこのIPパケットは大きく分けてIPヘッダ(IP Header)とIPデータ(IP Data)
の2つに分けることが出来ます。

このうちIPヘッダの中にIPの情報が全て格納されています。
それでは今度はIPヘッダの中身を見てみましょう。

ちなみにヘッダについては以前説明しましたが、忘れちゃったよぉという方は
以下のURLの「データのカプセル化」を読んでくださいね。
【データの流れ】

IPヘッダ

IPヘッダの中身は以下のような形式で情報が入っています。

どうです?たくさんの情報が入っていますよね。
IPヘッダには送信元IPアドレスと宛先IPアドレス以外にもたくさんの情報が
入っているのです。

それでは次回はIPヘッダ内の各情報について解説していきます。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事