MACアドレスの付け替え


ネットワークを越えるたびに変わるMACアドレス

ここまでルーティングの動作について説明してきました。

IPパケット内にセットされた送信元と宛先のIPアドレスは、基本的に変わる
ことはありません。
(後ほど説明するNATを使用すれば別ですが。)


でもMACアドレスはちょっと違います。

MACアドレスを使用する場合を考えてみてください。
MACアドレスはレイヤ2の世界、つまり同一ネットワーク内での通信を行う
時に使用しますよね。

例えば以下のようにRTBからRTAへ通信をした時の各ヘッダ情報は以下のよう
になります。


では次に以下のように RTB から RTC へ通信をしたい場合はどうなるでしょ
う?

まず RTB は送信元IPアドレスに自身のIPアドレス(192.168.10.1)、宛先
IPアドレスにRTC(192.168.50.2)をセットします。

続いてMACアドレスですが、送信元MACアドレスには自身のMACアドレスをセッ
トします。
宛先MACアドレスには RTC ではなく RTA のMACアドレスをセットします。


こうすることで、このパケットは RTA へと送られます。

パケットを受け取った RTA は、以下のように宛先のMACアドレスを付け替え
てパケットを送り出します。

このようにIPアドレスは変わらないのですが、MACアドレスはネットワークを
越えていくたびに付け替えられていきます。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事