プライベートアドレスとグローバルアドレス


プライベートアドレス

 IPアドレスはネットワーク内で一意で無ければいけませんでした。
  インターネットの世界でも同じで、インターネットという巨大なネットワー
  クであっても、そこで使われるIPアドレスは一意で無ければいけません。

 でもちょっと待って下さい。

 まったく接続されていない2つのネットワークであれば、同じIPアドレスを
  使用しても問題ないんじゃあないの?
なんて思いませんか?

 インターネットに接続していない完全に閉ざされたネットワークであれば、
  その中で一意であれば全く問題ありません。

 ただしそれぞれのユーザーが適当にIPアドレスを決めてしまうというのも、
  何だかうまくありません。

 そこで社内のネットワークなど閉ざされたネットワークでのみ使用できるIP
  アドレスを決めました。

 この自由に割り当てることができるIPアドレスを

 「プライベートアドレス」

 といいます。

 プライベートアドレスは以下の範囲がRFC 1918にて規定されています。

 ・10.0.0.0~10.255.255.255 (10.0.0.0/8)
  ・172.16.0.0~172.31.255.255(172.16.0.0/12)
  ・192.168.0.0~192.168.255.255(192.168.0.0/16)

 プライベートアドレスに範囲内であればユーザーが好きなように割り振る
  ことが出来ます。
  ただしプライベートアドレスを使用したネットワークをインターネットに
  接続することは御法度です。

グローバルアドレス

 逆にインターネットに直接接続されているコンピュータなどが使用するIPア
  ドレスは、ICANNというインターネット上で利用されるアドレス資源の標準
  化や割り当てを行なっている組織で一元管理されています。
  このようなIPアドレスのことを「グローバルアドレス」といいます。

 つまり、グローバルアドレスは公衆の電話番号で、プライベートアドレ
  スは会社の内線番号
のようなものと言えば分かりやすいでしょうか。

 このようにインターネットに接続しない社内ネットワークでは、基本的にす
  べてプライベートアドレスを使用するのが一般的なのですが、中にはグロ
  ーバルアドレスをバリバリ使用している社内ネットワークなんかを見かけ
  ます。

 完全に社外から閉じられたネットワークであれば、まぁ問題ないんですが、
  今後そのネットワークがインターネットに接続するなんて時にややこしくな
  りますので、それだったら初めからプライベートアドレスを使用しておく
  のが無難ではないでしょうか。

 ちなみにプライベートアドレスを使用しているネットワークをインターネッ
  トに接続する場合はアドレス変換(NAT)機能を使用してグローバルアド
  レスに変換する必要があります。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事