ループバックアドレスとリンクローカルアドレス


ループバックアドレス(loopback address)

 ○127から始まるIPアドレス 
  127から始まるIPアドレスのことを、

  「ループバックアドレス(loopback address)」

 といいます。
  「ループバックアドレス」は、“自分自身の仮想的なアドレス”を示してい
  ます。
  コンピュータ自身がループバック宛に通信を行った場合、その通信は外部に
  送出されません。
  アドレスの範囲は以下の通りです。

 127.0.0.0 ~ 127.255.255.255

リンクローカルアドレス

 ○169.254で始まるIPアドレス
  インターネットに接続しようとしたんだけどうまく繋がらない。
  色々調べてみると、自分のIPアドレスが「169.254.1.1」になっていた。
  なんでこんなアドレスが設定されているのだろう?なんて疑問に感じたこと
  はありませんか?

 実はこのアドレス、WindowsでDHCPによるIPアドレスの取得に失敗した場合に、
  自動的に割り振られるアドレスなのです。

 このアドレスのことを

  「リンクローカルアドレス」

 と呼びます。
  LINKLOCALアドレスの範囲は以下の通りです。

 169.254.1.0~169.254.254.255

 ちなみにこの自動で割り振られる機能を

  APIPA(Automatic Private IP Addressing)

 と呼ばれるのです。
  一見便利そうなこの機能ですが、実は自動で割り振られるのはIPアドレスの
  みのでデフォルトゲートウェイは設定されません。
  そのためそのままではルータを越えた通信は出来ないのです。

 また一見するとIPアドレスが正常にDHCPから取得できたようにも思えてしま
  うため個人的にはまったくもって不要な機能ではないかと思っております。

 もちろんこの「APIPA」の機能を無効にすることも出来ます。
  無効にするにはWindowsのレジストリを直接変更しなければならないため初
  心者にはちょっと敷居が高いかもしれませんね。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事