IPフラグメントについて (1)

 

パケットの分割化処理(フラグメンテーション)についてはMTUのセクションで説明しました。 ここではフラグメントについてもう少し詳しく見てみましょう。

IPデータをフラグメンテーションする場合、データを単純に先頭から分割するだけではないのです。

順序が大事

例えば1つのIPデータを3つのデータにフラグメンテーションして送出した場合を考えてみよう。

その3つのパケットはそれぞれ個々にルーティングされて宛先へと到着します。

このときに2つ目のパケットが1つ目のパケットよりも先に到着してしまったらどうなるでしょう?

あるいは3つ目のパケットが宛先に届かなかった場合どうなるでしょう?

受信側ではどのパケットがどの順番のパケットなのか分からないため、到着したパケットから順に組み立てようとしてしまい、正常に組み立てることができないわけです。

そんな問題を解決するために IP ではデータを適切に遅れるような仕組みがあるのです。

IPでは分割したパケットなのかそうでないのか、分割しているのであればパケットの順序を正しく認識し、パケットの1つが届かなかった場合それを認識するように出来ています。

そのため分割したパケット1つ1つにIPヘッダを付与しています。

 

IPヘッダを覗いてみよう

受信したパケットが分割されたデータなのかそうでないのかを知るためには、IPヘッダ内の識別子フラグフラグメントオフセットに記されています。

IPデータのサイズがMTUを超えているような場合、MTUの長さ以下の長さにデータを分割します。

分割した各データにはIPヘッダが付与されますので、IPヘッダを除いた部分が分割したデータサイズの上限となります。

そして分割したデータの順序を受信側に教えているのが、IPヘッダ内のフラグフィールドフラグメントオフセットフィールドなのです。

フラグフィールドにはそのパケットが分割しているのかそうでないのかといった情報が入っています。

フラグメントオフセットフィールドにはそのパケットが何番目の分割されたパケットなのかといった情報が入っています。

 

おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    メールマガジン

    ネットワ-ク初心者のみなさま。
    ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
    大変危険です!!

    「初心者にも理解できるネットワーク技術」

    これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
    ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

    もちろん無料です!!

    ↓メールマガジン購読はこちら↓

    メールアドレス:

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事