MTU

 

MTU (Maximum Transmission Unit)

通常パケットが送信元から宛先まで送られる際にさまざまな通信回線(リンク)を経由することになります。
それはイーサネットだったりFDDIであったりATMであったりさまざまです。

この通信回線、いわゆるリンクごとに転送可能な最大データ長(MTU : Maximum Transmission Unit、最大転送単位)が決められており、場合によってはパケットを細かく分割しなければなりません。

例えば、ATMからイーサネットを経由して通信を行う場合、ATMのMTUは9180オクテットですがイーサネットのMTUはそれよりも小さい1500オクテットとなります。
この場合、経路の途中でパケット長よりもMTUが小さいリンクを通過しなければならなくなります。

こういった状況に対応するためIPではパケットの分割化処理(フラグメンテーション)を行うことができます。
フラグメンテーションとはパケットを複数のパケットに分割することにより1つのパケットサイズを小さくする機能です。
分割された複数のパケットが宛先に到着すると、宛先のノードはそれを1つのパケットまとめる処理を行い上位層に渡します。

OSI参照モデルのネットワーク層(IP)でこのような処理を行うことができるので、さまざまな種類のデータリンクに左右されることなく利用することができるわけです。

ただこのフラグメンテーションを行うことでいくつか問題が出てきます。その問題を解決する手段としてPath MTU discoveryという機能があります。Path MTU discoveryの説明へ→

主な通信回線のMTU一覧を以下に示します。

 

MTU一覧

データリンク最大MTUTotal Length
IPの最大MTU65535-
Hyperchannel65535
16Mbps IBM TokenRing1791417958
IP Over ATM9180
4Mbps IEEE802.5 TokenRing44644508
FDDI43524500
Ethernet15001514
IEEE 802.3 Ethernet14921514
IP最小MTU64-

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事