NAPT(IPマスカレード)

前回はNATについて解説しました。

そこでNATに関する問題点を書きました。
-------------------------------------------------------------------
NATには1つ大きな問題があります。
それはNATにはブロードバンドルータが保持しているグローバルIPアドレスの
数しか同時に接続が出来ないという事です。

LAN側に接続されている複数のPCを1つのグローバルIPアドレスに変換して、
インターネットにパケットを送信した場合、そのパケットの返信はすべて
ブロードバンドルータのグローバルIPアドレス宛に返ってきます。

この時にブロードバンドルータはNATテーブルを見ても、どのPCのアドレスに
置き換えればよいのかを判断することが出来ないわけです。

そんな問題を解決するために考え出されたのが、
NAPT(IPマスカレード)という機能です。
-------------------------------------------------------------------

今回はそんなNATの欠点を克服する技術、「NAPT」について解説していきます。

NAPT(IPマスカレード)

NAPT(Network Address Port Translation)は、IPアドレスの変換に加えて
ポート番号も変換してしまうという機能です。

通常IPパケットには、IPアドレスに加えて送信元と宛先のポート番号も
記述されています。

その送信元のポート番号を置き換えることで複数のPCが同時に
インターネットへ通信できるようにしています。

 

napt

 

LANに接続されているPCがインターネットへパケットを送信すると、
ブロードバンドルータは自身が保持しているグローバルIPアドレスに
変換するのに加えて、送信元ポート番号も書き換えます。

そしてこの時、変換前と変換後のIPアドレスとポート番号を自身の
変換テーブルに記録しておきます。

パケットが目的のサーバに到達し、その応答パケットがブロードバンドルータ
のグローバルIPアドレスへと返されます。

返信されたパケットの宛先ポート番号と自身の変換テーブルをチェックして
どのPC宛のパケットなのかを判断し、その宛先のIPアドレスに変換して
LAN側へ送信します。

このようにIPアドレスとポート番号を管理することで、同時に複数台の
PCの通信を可能に出来るわけですね。

アドレス変換の弊害

ここまで NATNAPT について解説してきましたが、
アドレス変換を使用することでアプリケーションや
ネットワーク構成によっては弊害が発生します。

次回はアドレス変換の弊害について解説していきます。


おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    メールマガジン

    ネットワ-ク初心者のみなさま。
    ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
    大変危険です!!

    「初心者にも理解できるネットワーク技術」

    これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
    ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

    もちろん無料です!!

    ↓メールマガジン購読はこちら↓

    メールアドレス:

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事