実際にDHCPの動作を見てみよう


実際にDHCPの動作を見てみよう。

今回は実際にDHCPサーバとのやり取りをパケットキャプチャソフトの
「Ethereal」でパケットをキャプチャして見てみましょう。

 


WindowsでDHCPを動作させるためには

まずはWindowsでDHCPを動作させる設定を行いましょう。

「マイネットワーク」を右クリックして、プロパティを選択。
その中の「ローカルエリア接続」を右クリックしてプロパティを選択して…

 

 

「インターネットプロトコルのプロパティ(TCP/IP)」を選択します。

その中の「IPアドレスを自動的に取得する」に
チェックを入れればオッケー。

 

 

DHCPを動作させてみよう

さてそれではコマンドプロンプトを起動させて、
現在のIPアドレスをチェックしてみましょう。

コマンドは「ipconfig」です。

 

 

もうすでにIPアドレスが割り当てられてしまっています。

そこで強制的に貸し出されたIPアドレスをいったん「返却」し、
再度アドレスを割り振ってみましょう。

IPアドレスを返却するコマンドは

 ipconfig /release

です。

 

 

IPアドレス部分が0.0.0.0となりました。

そのまま少し待っていると自動的にIPアドレスをもらいますが、
ここではコマンドでIPアドレスを強制的に借りて見ましょう。

以下のコマンドを実行します。

 ipconfig /renew

 

 

どうでしょう?
ばっちりもらえましたね。

さてそれではここまでのやり取りが、
実際にどのように行われたのか、
パケットのやり取りを見てみましょう。

以下がいままでのやり取りをEtherealでキャプチャしたものです。

 

 

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事