フローエントリーの優先度について

フローエントリーの優先度について

OpenFlowスイッチでは、受信したデータの情報から、どのフローエントリーを利用してデータを処理するかを判断しますが、条件が合致するフローエントリーが複数あるような場合、フローエントリーごとの優先度を基に処理することになります。

逆に複数のフローエントリーに合致したとしても、複数の処理を実行することはできません。

複数のフローエントリーに合致するケース

以下のようにマッチ条件にネットワークアドレスを利用したり、「any」条件を利用すると、複数のフローエントリーに合致してしまう場合があります。

複数のフローエントリーに合致するケース

フローエントリーの優先度設定について

フローエントリーごろと優先度については、フローテーブル内の「Priority」フィールドが使われます。

Priorityフィールド

「Priority」に設定している数値の大きいものほど優先度が高くなります。

フローエントリーの優先度設定は、フローエントリー変更メッセージ(FlowModifyメッセージ)が使用されます。

OpenFlowコントローラからFlowModifyメッセージを受信すると、OpenFlowスイッチはフローエントリーの「Priority」フィールドに優先度を設定し、複数のフローエントリーに合致するデータを処理する際は、優先度の最も高いフローエントリーを選択して処理を行います。

優先度を利用したフィルタリング例

この優先度を活用することで、効率良くパケットフィルタリングを行うことが可能です。

特定の送信元IPアドレスから、特定の宛先IPアドレスに送信されるパケットのみ通過させて、それ以外の送信元IPアドレスのパケットは破棄させる場合は以下のようにフローテーブルを構成します。

フィルタリング例

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事