OpenFlowのフローテーブル 2

前回、OpenFlowのフローテーブルについて解説をしました。

OpenFlowはフローという考え方を通信を行い、OpenFlowスイッチ内部にフローテーブルを持ち、パケットやフレームを転送します。

前回は、フローテーブルの構成を途中まで説明しましたので、今回はその続きで、「Match Field」について解説していきます。

Match Field

Match Fieldで指定出来る条件は、OpenFlowの仕様で規定されていて、バージョン1.3の場合、以下のヘッダー情報に対応しています。

レイヤー1に関する情報

  • Ingress Port
  • Physical Input Port

レイヤー2に関する情報

  • Ether Src
  • Ether dst
  • Ether type
  • VLAN Id
  • VLAN prio
  • Arp Opcode
  • Arp Src IP / Arp Dst IP
  • Arp Ether Src / Arp Ether Dst

レイヤー3に関する情報

  • IP Src
  • IP Dst
  • IP Proto
  • IP TOS (DSCP)
  • IP TOS (ECN)
  • ICMP Type / ICMP Code
  • IPv6 Src / IPv6 Dst
  • IPv6 Flow Label
  • ICMPv6 Type / ICMPv6 Code
  • IPv6 ND Dst address
  • IPv6 ND Src Link Layer
  • IPv6 ND Dst Link Layer
  • MPLS Label
  • MPLS TC
  • MPLS BoS bit
  • PBB I-SID
  • Tunnel ID (Metadata)
  • Ipv6 Extension Header

レイヤー4に関する情報

  • TCP Src Port / TCP Dst Port
  • UDP Src Port / UDP Dst Port
  • SCTP Src Port / SCTP Dst Port

このようにOpenFlowプロトコルは、スイッチのポートから TCP/UDPのポート番号まで、レイヤー1からレイヤー4までの情報を 使ってデータ転送の制御を行うことができます。

あるフローエントリのMatch Fieldに「VLAN ID = 10」と指定していれば、 「受信したフレームのEthernetヘッダに記述されたVLAN IDが10」の フレームがマッチします。

また、複数の条件を指定することも可能で、例えばVLAN IDと IPv4アドレスの2つを同時に指定することなども可能です。

フローテーブル

おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    メールマガジン

    ネットワ-ク初心者のみなさま。
    ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
    大変危険です!!

    「初心者にも理解できるネットワーク技術」

    これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
    ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

    もちろん無料です!!

    ↓メールマガジン購読はこちら↓

    メールアドレス:

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事