EthernetFablicの概要

EthernetFablicの概要

EthernetFablicの基本的な考え方は、マルチパスのネットワークで
ありながらループフリーな環境を提供する機能です。

EthernetFablicを使用することで、ループフリーなマルチパス構成
組むことが出来ますので、以下のようにL2のECMPとして帯域を
効率よく利用することが出来ます。

Untitled

また、ブロッキングポイントが作成されないため、
常に最短経路を選択させることが出来ます。

Untitled

さらに運用中のL2ネットワークにスイッチを追加したり、
削除したりしても、STPのようにトポロジーチェンジが発生しない
ため、
既存のトラフィックに影響を与えずにネットワークトポロジーを
変更することが出来るのもメリットの1つです。

EthernetFablicの標準化

EthernetFablicは現在標準化中ということもあり、
各メーカーごとに実装が異なっています。

Cisco

Brocade

Juniper

Trillとは

Trillは日本ではあまりなじみの無い、IS-ISという
ルーティングプロトコルをベースに、
IS-ISをイーサーネット上で動作させることで、
ループフリーなネットワークを構成するという
考え方で仕様検討しています。
Trillの標準化はまだですが、CiscoやBrocadeが
既に先行して実装しています。
Trill Status Pages

まずは標準化

今まで連綿と使われていた、STPやRSTPも
いよいよお役御免の時がきたのではないでしょうか。

今後はSTPからEthernetFablicへと移行されていくでしょう。
とはいえ、標準化中のため各メーカー独自実装が多く、
現状はマルチベンダー環境で使うことが難しい状況ですが、
標準化が進めばそれも解消されていくでしょう。

最後に

Geekなぺーじで各メーカーの
EthernetFablicに関する最新情報をまとめていますので
ご紹介しておきます。

おすすめ記事

関連記事

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事