Ciscoルータを管理する時によく使うコマンド(2)

Ciscoルータを管理する時によく使うコマンド(1)に続いて、Ciscoルータを管理する時によく使うコマンドをご紹介していきます。

ログの確認

ルータは何らかのイベント(ケーブル断とか)が発生すると、その内容をログとして保存してくれます。

障害時にログを確認することは必須ですので、最低限のログの見方は知っておく方が幸せになれます。

router#show logging

コマンド実行結果

router#show logging 
Syslog logging: enabled (0 messages dropped, 5 messages rate-limited, 0 flushes, 0 overruns)
    Console logging: level debugging, 100 messages logged
    Monitor logging: level debugging, 39 messages logged
        Logging to: vty1(0)
    Buffer logging: level debugging, 103 messages logged
    Exception Logging: size (4096 bytes)
    Trap logging: level informational, 111 message lines logged
          
Log Buffer (8192 bytes):

*Apr  3 16:15:07: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by vty0 (127.0.0.11)
*Apr  3 16:15:38: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by vty0 (127.0.0.11)
*Apr  3 17:20:29: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by vty0 (127.0.0.11)

カウンタの確認

ルータは自身に流れるパケットに関して、様々なカウンターを記録しています。

障害時にはそのカウンタをチェックして、エラーカウンタが増加していないか、パケットロスは発生していないかを確認します。
各インタフェースのカウンタを確認するには、以下のコマンドを使用します。

router#show interface

各カウンタの意味については、ルータのインタフェース情報についてにて解説しています。

カウンタのクリア

各種カウンタは何もしなければ、そのカウンタに該当するパケットがあるたびに増加していきます。

この情報は、機器の電源を落とすことでクリアされるのですが、コマンドでクリアすることも可能です。
各種カウンタをクリアするには、以下のコマンドを使用します。

Router#clear counters

コマンド実行結果

router#clear counters 
Clear "show interface" counters on all interfaces [confirm] 「リターン」

このコマンドはshow interfaceコマンドで表示される各種カウンタをすべてクリアするコマンドです。

各インタフェースごとにクリアしたい場合は、clear countersに続けてインタフェース名などを指定します。

コマンド実行結果

Router#clear counters ?
  Async              Async interface
  BVI                Bridge-Group Virtual Interface
  CTunnel            CTunnel interface
  Dialer             Dialer interface
  Ethernet           IEEE 802.3
  Group-Async        Async Group interface
  Line               Terminal line
  Loopback           Loopback interface
  MFR                Multilink Frame Relay bundle interface
  Multilink          Multilink-group interface
  Null               Null interface
  Tunnel             Tunnel interface
  Vif                PGM Multicast Host interface
  Virtual-Template   Virtual Template interface
  Virtual-TokenRing  Virtual TokenRing
  <cr>

Router#clear counters eth
Router#clear counters ethernet 0/0
Clear "show interface" counters on this interface [confirm] 「リターン」
Router#

プロセスの確認

ルータのCPUとメモリの使用状況を確認するコマンドです。

Router#show processes cpu

コマンド実行結果

router#show processes cpu
CPU utilization for five seconds: 8%/4%; one minute: 6%; five minutes: 5% 
PID Runtime(ms)   Invoked  uSecs    5Sec   1Min   5Min TTY Process
  1         384     32789     11   0.00%  0.00%  0.00%   0 Load Meter 
  2        2752      1179   2334   0.73%  1.06%  0.29%   0 Exec 
~省略~

以下プロセスごとの使用率が表示されるのですが、大事なのが先頭のこの部分です。

CPU utilization for five seconds: 8%/4%; one minute: 6%; five minutes
  • CPU utilization for five seconds
    現在から 5 秒前までの CPU 利用率。左側の数字はトータルの使用率で、右側の数字は、割り込みレベルで使われた使用率を示しています。
  • one minute
    現在から 1 分前までの CPU 利用率。
  • five minutes
    現在から 5 分前までの CPU 利用率。

この数字を確認することでCPU使用率の推移を簡単にチェックすることができます。同様にメモリ使用率は以下のコマンドで確認できます。

Router#show processes memory

コマンド実行結果

router#show processes memory
Total: 106206400, Used: 7479116, Free: 98727284 
PID TTY  Allocated      Freed    Holding    Getbufs    Retbufs Process
  0   0      81648       1808    6577644          0          0 *Init* 
  0   0        572     123196        572          0          0 *Sched*
~省略~

これもプロセスごとに使用率が出てきますが、大事なのは同様に一番最初の以下の行です。

Total: 106206400, Used: 7479116, Free: 98727284
  • Total
    メモリの総容量を示しています
  • Used
    使用メモリ量を表しています。
  • Free
    空きメモリ量を表しています。

フラッシュメモリの確認

フラッシュメモリの情報を確認するには以下のコマンドを使用します。

router#show flash

フラッシュメモリの中には、IOSが格納されています。

コマンド実行結果

Router#show flash: 
System flash directory:
File  Length   Name/status
  1   16019804  c2600-ik9o3s3-mz.123-17a.bin  
[16019868 bytes used, 757344 available, 16777212 total]
16384K bytes of processor board System flash (Read/Write)

[16019868 bytes used, 757344 available, 16777212 total]」の部分で、メモリの使用量を確認することが出来ます。

  • 16019868 bytes used
    メモリ使用量
  • 757344 available
    メモリ空き容量
  • 16777212 total
    メモリトータル容量

このコマンドで格納されているファイルサイズやフラッシュメモリの使用量、空き容量を確認することが出来ます。
IOSをアップグレードする場合は、適切な空き容量があるかを確認する必要があります。

show techコマンド

障害時に参考になる確認コマンドを一気に実行してくれるコマンドです。

Router#show tech-support

ルータの設定情報やインタフェースの状態、プロセス情報などなど、いろいろ取得してくれます。

正常に運用している状態で、このコマンド結果を保存しておけば、障害時との比較が出来るのでおすすめです。

障害の切り分けでベンダーさんに状況を伝えるときも、「show tech-support」の結果を一緒に送ってあげるとベンダーさんは助かります。

show tech-support を取得した場合に収集される show コマンドはIOSのバージョンによっても違いますが、一般的には以下のshowコマンドが収集されます。

show version
show runningconfig
show stacks
show interfaces
show interfaces history
show redundancy history
show redundancy states
show redundancy switchover history
show controllers
show user
show file systems
show file descriptors
show flash: all
show datacorruption
show memory statistics
show process memory
show process cpu
show process cpu history
show diag
show platform
show controllers t1
show controllers e1
show controllers j1
show crypto engine configuration
show crypto engine accelerator statistic
show crypto engine accel ring packet
show crypto engine accel ring pool
show crypto engine accel ring control
show ip nbar version
show webvpn session context all
show webvpn stats detail
show webvpn stats context all
show webvpn nbns context all
show webvpn stats cifs
show webvpn stats sock
show raw reclaimed
show crypto key mypubkey rsa
show crypto call admission statistics
show license udi
show license feature
show license file
show license detail
show license status
show license statistics
show buffers
show buffers usage
show inventory
show region
show dmvpn detail
show crypto ipsec client ezvpn
show ip nat statistics
show ip nat translations
show crypto map
show accesslist
show crypto isakmp policy
show crypto ipsec transform
show crypto ipsec profile
show crypto isakmp sa
show crypto engine connection active
show crypto ipsec sa

ルータの再起動

運用者にとってはできれば使いたくないコマンドの1つです。

ただ、ルータの挙動がおかしいときには、「とりあえず再起動してみる」というのは以外に有効です。

コマンドは、

router#reload

コマンド実行結果

Router#reload 【リターン】
Proceed with reload? [confirm] 【リターン】

ルータを完全に停止させるコマンドは残念ながらありませんので、その場合は物理的に電源を切るしかありません。

おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    メールマガジン

    ネットワ-ク初心者のみなさま。
    ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
    大変危険です!!

    「初心者にも理解できるネットワーク技術」

    これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
    ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

    もちろん無料です!!

    ↓メールマガジン購読はこちら↓

    メールアドレス:

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事