Ciscoルータの各モードについて

特権モード

Ciscoルータが起動するまでで、Ciscoルータの各モードについて説明しました。今回はその続きです。

まずは特権モードにログインしてみましょう。特権モードはユーザモードに比べて、より多くのコマンドを実行することができます。

特権モードでは、プロンプトはホスト名のあとに「#」と表示されます。

特権モードに移行するためには、ユーザモードで「enable」を実行します。

Router>enable
Password: 「パスワードを入力」
Router#

どんなコマンドが使用できるか確認してみましょう

Router#?
Exec commands:
 <1-99>           Session number to resume
 access-enable    Create a temporary Access-List entry
 access-profile   Apply user-profile to interface
 access-template  Create a temporary Access-List entry
	
 ~省略~
	
 voice            Voice Commands
 where            List active connections
 write            Write running configuration to memory, network, or terminal
 x28              Become an X.28 PAD
 x3               Set X.3 parameters on PAD

どうでしょう?
ユーザモードよりも多くのコマンドが表示されましたね。
基本的にユーザモードで使用できるコマンドは特権モードでも全て使えます。

グローバルコンフィグレーションモード

実際にルータの設定を行うモードである、「グローバルコンフィグレーションモード」へ移行してみましょう。

グローバルコンフィグレーションモードでは、プロンプトはホスト名のあとに「(config)#」と表示されます。

グローバルコンフィグレーションモードへ移行するには、特権モードにおいて、「configure terminal」を実行します。

router# configure terminal
Password: 「パスワードを入力」
router(config)\#

ここでどんなコマンドが使用できるのか確認してみましょう。

Router#configure terminal 
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(config)#?
Configure commands:
  aaa                         Authentication, Authorization and Accounting.
  aal2-profile                Configure AAL2 profile
  access-list                 Add an access list entry
  alarm-interface             Configure a specific Alarm Interface Card
  alias                       Create command alias
	
 ~省略~
	
  vpdn-template               vpdn-template configuration
  x25                         X.25 Level 3
  x29                         X29 commands
  xot                         Global XOT commands
  xsm                         Configure XSM

グローバルコンフィグレーションモードは「コンフィグレーションモード」という名の通り、基本的に設定を行うことがメインになっています。

ここまでの説明のように、ユーザモードからいきなりグローバルコンフィグレーションモードに移行することはできません。

一度特権モードに移行してから、グローバルコンフィグレーションモードへ移行する必要があります。

この辺りの説明は、ルータを理解するための第一歩であって、とても大事なところですから、後ほど詳しく説明したいと思います。

ここでは、いろんなモードが存在するということを理解してください。

まとめ

Ciscoルータが起動するまで、および今回の記事で解説した内容のまとめです。

  • ルータの起動モード
    コンフィグレーションレジスタの値を変更することで、ルータがどのように起動するのかを決めることができます。起動モードは以下ようなものがあります。
    • 通常モード
    • bootモード
    • ROMモニタモード
  • Ciscoルータのモードという概念
    Cisco IOSにはさまざまなモードがありプロンプトの表示内容によって現在どのモードにいるのかを知ることが出来ます。以下がその一例です。
    router>ユーザモード
    router#特権モード
    router(config)#グローバルコンフィグレーションモード

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事