転職エージェントの活用

転職エージェントの活用

最後は番外編として、私が転職時に活用した転職エージェントについて
少し書いてみたいと思います。

そもそも人材紹介会社とは「企業と転職者をとりもつサービス」を
生業としています。

 

  • 転職希望者が人材紹介会社に登録
  • 中途採用を希望している企業に紹介
  • うまいこと決まると・・・
  • 人材紹介会社に転職希望者の年収の数十%を企業より入る
  • み~んな幸せ

 

ということで、転職者、企業、人材紹介会社のそれぞれが
ハッピーになれるかもしれない仕組みなわけです。

ですから、転職希望者は当然無料でサービスを受けることができます。

ちなみに私はリクルートエージェントしか登録をしたことがないので、
他の転職エージェントについては残念ながらわかりません。

ということで、ここではリクナビNEXTについて書いていきます。

 

転職エージェントの担当者と面談

転職エージェントに登録すると、ほどなくして面談をしましょう
というご連絡が転職エージェントの担当者さんから連絡がきます。

転職エージェントの担当者はあなた専任の担当者がつくのですが、
ここで当たり外れがあるので気をつけましょう。

担当者が転職を目指している業界での勤務経験や紹介実績が
豊富であれば問題ありませんが、その業界への知識が乏しく、
あなたの経験や希望を正しく理解できない担当者だったりすると
先が思いやられることになります。

この辺は実際に合って話をしてみれば人となりが見えてきますので、
場合によっては担当者を変えてもらうのも良いのではないでしょうか。

幸い、私の担当者はネットワーク業界での業務経験もあり、
経験豊富な方でしたので問題はありませんでした。

また、職務経歴書の添削や企業への効果的なアピール方法など、

一応、担当者の人となりを判断する基準は以下をチェックしてみましょう。

 

  • 自己紹介(過去の経験)をきちんとしてくれるか
  • 事前にあなたの登録したプロフィールや職歴を見てくれているか
  • あなたの希望などを正しく聞いてくれて、それに沿った求人案件を 紹介してくれるか
  • 転職プロセス全体についてアドバイスできるか

といったところでしょうか。

 

基本的におまかせ

担当者と面談を実施し、あなたの希望や目指すべきキャリアの
方向性を話し合ったら、あなたに合った求人案件を紹介してくれます。

私の場合はその日のうちに、数十件の案件を紹介してくれました。
Webサイトに掲載されていない案件はもちろん、詳細な業務内容や
待遇が掲載されている情報を出してくれるので、
それだけでも他の人よりも有利に転職を進めることが出来ます。

また、紹介してくれた案件以外でも気になる企業を言えば、
求人案件を出してくれたりもします。

その後は、紹介してくれた案件から応募する案件を
担当者にお願いすれば、担当者が企業に応募してくれ、
書類審査や面接通過の可否などを随時知らせてくれますし、
企業との面接のスケジュール調整もすべて仕切ってくれます。

その他にも面接対策のセミナーや職務経歴書の書き方なども
レクチャーしてくれますので、自分ひとりで転職活動を
していくよりも大きなメリットを受けることが出来ると思います。

興味があったら登録してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXT

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事