ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > その他ネットワーク豆知識 > パケットキャプチャツール「Wireshark」 - Wiresharkの活用方法

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - Wiresharkの活用方法

Bookmark this on Hatena Bookmark   

Wiresharkの活用方法

ここからは「Wireshark」でパケットキャプチャした後の
活用方法について書いていきたいと思います。

それでは実際に、Webアクセスをしたときのパケットの
やり取りをキャプチャしてみよう。

 

wireshark

 

パケットリスト画面

パケットリスト画面には、時系列にキャプチャされたパケットが
1つずつ表示されています。

一番左の数字は、キャプチャされた順番を表しています。
次の「Time」は最初にキャプチャされたパケットを「0」
として経過時間を表しています。

パケットごとの応答時間を確認するには、「Time」を
チャックすることで確認できます。

「Source」と「Destination」は送信元、宛先のIPアドレスが
表示されます。

「Protocol」欄にはパケットのプロトコル名が表示されます。

「Info」欄にはパケットの内容のサマリーが表示されて、
この欄を見れば、パケットごとの内容を把握することが出来ます。

さらにパケットごとの内容を詳細に確認したい場合は、
ツリービュー画面やデータビュー画面を確認します。

パケットリスト画面で調べたいパケットをクリックすると
選択したパケットに対する内容が、ツリービュー画面と
データビュー画面に表示されます。

 

ツリービュー画面とデータビュー画面

ツリービュー画面はパケットの構造をツリー状に分かりやすく
表示してくれます。

さらに、ツリービュー画面にて特定のデータを選択すると、
選択されたデータ部分がデータビュー画面のデータ部分も反転表示
されますので、実際にパケットの中のどの部分なのかを確認するのに
便利です。

 

wireshark


おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - Wiresharkって?
Wiresharkって?

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - 早速キャプチャしてみよう
早速キャプチャしてみよう

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - オプションを設定してみよう
オプションを設定してみよう

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - Wiresharkの活用方法
Wiresharkの活用方法

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - Webアクセスの流れを見てみよう
Webアクセスの流れを見てみよう

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - ネットワーク上でWiresharkを使用する場合
ネットワーク上でWiresharkを使用する場合

パケットキャプチャツール「Wireshark」 - パケットのフィルタリング
パケットのフィルタリング

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: