アドレス変換の弊害

アドレス変換の弊害

こんなに便利な機能であるアドレス変換ですが、
アドレス変換を使用することでアプリケーションやネットワーク構成によっては
弊害が発生します。

インターネットからLANへの通信

ここまでLAN側のPCからインターネットへのアドレス変換について
書いてきましたが、インターネットからLAN側のPCへの通信の場合は
どうなるでしょう?

まずLAN側のIPアドレスはプライベートIPアドレスですから、
そのままプライベートIPアドレス宛に通信を使用としても、そのパケットは
インターネット上で破棄されてしまい通信できません。

それではブロードバンドルータが保持しているグローバルIPアドレス宛に
通信をすると
どうなるでしょうか?

この方法でも通信は出来ないのです。
ブロードバンドルータがパケットを受け取っても、そのパケットをLAN側の
どのPCのアドレスに変換すればよいか判断することができないため、
やはりパケットは届かないのです。

このようにアドレス変換を使用すると、インターネット上からLAN側へ
接続するようなアプリケーションは使用することが出来ないわけです。

例えばLAN側にWebサーバを構築して、インターネット上から接続したい
なんてときに弊害が発生するわけ。

ただし逆に考えると、インターネットからの不正アクセスを全て
防いでくれるわけですからLAN側ネットワークのセキュリティ保護に
繋がるとも考えられますよね。

 

アドレス変換の弊害を取り除く

アドレス変換を使用すると、インターネット上からLAN側へ接続するような
アプリケーションは使用することが出来ないということは説明しました。

でもそれではWebサーバをインターネットに公開したいなんて人にとっては
アドレス変換は使えないことになってしまいます。

そこで、そんな弊害を取り除くための機能がちゃんと用意されています。

この機能のことを「ポートフォワーディング」や「静的IPマスカレード」と
呼ばれています。

次回は「ポートフォワーディング」について解説していきます。


おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: