OpenFlowのフローテーブル 3

前回、OpenFlowのフローテーブルの「Match Field」について解説をしました。

今回は残りの構成について書いていきます。

フローテーブルの構成 フローテーブルの構成

Instruction

Instructionでは、データをどのように処理するかを指定します。 OpenFlowプロトコルでは、大きく以下の3つの動作指示が可能です。

  • データの転送
  • データの破棄
  • データの書き換え

OpenFlow バージョン1.3でサポートしているInstructionは以下になります。

データの転送

  • Output
    指定した物理ポートからパケットを転送する (ALL, CONTROLLER, IN_PORTなどが指定可能)

データの破棄

  • Drop
    パケットを破棄する

データの書き換え

  • Set-queue
    パケットにqueue IDを付加する
  • Group
    指定したグループ(ポートを束ねたもの)を通してパケットを転送する
  • Push-Tag/Pop-Tag
    VLANのタグやMPLSのタグを付加* 除去する
  • Set-Field
    パケットヘッダの値を指定したものに書き換える
  • Change-TTL
    IPv4/、Pv6、MPLS TTLを書き換える

その他、OpenFlowスイッチで処理できない制御については、 一度パケットやフレームをOpenFlowコントローラに送って、 OpenFlowコントローラで処理をして、再度OpenFlowスイッチ に送り返すことも可能です。

パフォーマンスが低下するため、現実的ではありませんが、 OpenFlowの仕様としては定義されています。

Counters

Countersは、フローエントリにマッチした総パケット数や 総パケットサイズなどの統計情報が記録されます。 この情報をOpenFlowコントローラが収集することで、 ネットワーク全体の状況を把握することができます。

取得出来る情報としては以下のようなものがあります (OpenFlow バージョン1.3の場合)。

Per Flow Table

  • Reference Count (active entries):32ビット
  • Packet Lookups: 64 ビット
  • Packet Matches: 64 ビット

Per Flow Entry

  • Received Packets: 64 ビット
  • Received Bytes: 64 ビット
  • Duration (seconds): 32 ビット
  • Duration (nanoseconds): 32 ビット

Per Port

  • Received Packets: 64 ビット
  • Transmitted Packets: 64 ビット
  • Received Bytes: 64 ビット
  • Transmitted Bytes: 64 ビット
  • Receive Drops: 64 ビット
  • Transmit Drops: 64 ビット
  • Receive Errors: 64 ビット
  • Transmit Errors: 64 ビット
  • Receive Frame Alignment Errors: 64 ビット
  • Receive Overrun Errors: 64 ビット
  • Receive CRC Errors: 64 ビット
  • Collisions: 64 ビット
  • Duration (seconds): 32 ビット
  • Duration (nanoseconds): 32 ビット

Per Queue

  • Transmit Packets: 64 ビット
  • Transmit Bytes: 64 ビット
  • Transmit Overrun Errors: 64 ビット
  • Duration (seconds): 32 ビット
  • Duration (nanoseconds): 32 ビット

Per Group

  • Reference Count (flow entries): 32 ビット
  • Packet Count: 64 ビット
  • Byte Count: 64 ビット
  • Duration (seconds): 32 ビット
  • Duration (nanoseconds): 32 ビット

Per Group Bucket

  • Packet Count: 64 ビット
  • Byte Count: 64 ビット

Per Meter

  • Flow Count: 32 ビット
  • Input Packet Count: 64 ビット
  • Input Byte Count: 64 ビット
  • Duration (seconds): 32 ビット
  • Duration (nanoseconds): 32 ビット

Per Meter Band

  • In Band Packet Count: 64 ビット
  • In Band Byte Count: 64ビット

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: