消費者はこれ以上のスマホの進化は望んでいない

スマートフォン

消費者はこれ以上のスマホの進化は望んでいないという話。

You don’t really need a new smartphone.

via:We’ve reached peak smartphone. What are Apple and Samsung going to do now? – The Washington Post

すでにスマホの進化は消費者が満足するレベルに達していて、毎年機種変するモチベーションが減ってきているという話題です。以下要約。

毎年、大きなスクリーンを小さなフォームに押し込む努力をしているし、カメラもどんどん良くなっている。マーケティングも積極的で、Appleの10周年記念iPhone「X」や「Samsung Galaxy S8」の話題から逃れるためには、文明社会から逃れなくてはならないほど。スマートフォンビジネスの関係者の多くは、この最新作がアップグレードの「スーパーサイクル」をもたらすと確信していた。

しかし現実は、アメリカ人の多くは、毎年アップグレードする必要はないと判断しました。電話は以前よりも頑丈で壊れにくくなり、もはや2年間の契約に縛られていない。
さらに新機種は、ガジェット好きの私でさえ魅力的ではない。

調査会社のIDCによると、2017年の世界出荷台数は0.1%減となった。米国では、スマートフォンの出荷台数はわずか1.6%の増加にとどまっている。

ただし、携帯電話のライフサイクルが長くなることが、携帯メーカーにとって悪いことだけではない。携帯の信頼性が高い証拠で、それはアップルやサムスンにとって企業価値を上げることに繋がるし、SamsungのGear VRやAppleのHomePodのようなアクセサリーの販売やApple Musicのようなサービスの販売に繋がっているからだ。

たしかに最近はスマホを機種変しても、以前のようなワクワク感は減退しているし、毎年機種変しようというモチベーションもなくなっています。
良くも悪くもスマホはインフラの一部として機能しているし、そこにはワクワク感は存在しないのかもしれない。少なくとも次のイノベーションが起こるまでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)