NVIDIAのGPUがバカ売れで販売枚数を制限する

GPU業界で一人勝ち状態のNVIDAが、暗号通貨のマイニング用途でバカ売れしている模様。

Nvidia, the company that has long catered to gamers, has recently requested retailers to restrict graphics cards availability to the non-gaming community. Specifically, away from cryptocurrency miners.

via:Crypto miners beware, Nvidia wants to keep GPU in the gaming industry

あまりにも売れてしまい、GPUの生産が追いつかず市場で高騰を引き起こしているようです。2017年4月から現在までで、GeForce GTX 1050 Tiが27%の価格上昇、GeForce GTX 1060 3GBが86%、GeForce GTX 1060 6GBが89%、GeForce GTX 1080 Tiが59%の価格上昇となっているとのこと。

NVIDIAはGPUはゲーム市場を最優先とし、そのためにもGPUの販売を顧客一人につき2枚までの制限を小売業者に提案したとのこと。

そんなホクホク状態にNVIDAさんの株価は以下のようになってます。


NVIDIA Corporation – Yahoo Finance

株価が2年で5倍になっていますが、この勢いはまだまだ続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)