総務省が電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データを発表したので、各キャリアのシェアを中心に調べてみた

2015年12月末時点での、総務省が電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データを発表しました。

総務省|電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成27年度第3四半期(12月末))

以下にサマリーのご紹介。

モバイル通信

モバイル契約者数

契約者数は1億5442万に増加。前期比+1.0%、前年同期比+4.8%の増加。移動系通信(携帯電話、PHS、BWA)だと1億6078万となり、前期比+0.8%、前年同期比+3.9%の増加。

000403349.pdf_3dfuk

キャリアごとのシェア

キャリアごとのシェアは、ドコモが43.3%で1位、KDDIが28.9%で2位、3位がソフトバンクで27.8%。
過去の推移を見ると、ソフトバンクのシェアがジワジワと減って、ドコモとKDDIのシェアが増えてきていますね。

000403349.pdf_xx7jx

都道府県別のキャリアごとのシェアは以下の通り。

000403349.pdf_fyf7l

新潟県のドコモシェア率が55%超えてるとかスゲぇ。

MVNO

MVNOサービスの契約数は1155万で、前期比+8.3%、前年同期比+29.0%と成長期真っ直中。

000403349.pdf_ud322

それにともなって、モバイル通信の契約数に占めるMVNOの比率も7.2%に成長。

000403349.pdf_h04xk

MVNO事業者も210社に増加。

000403349.pdf_np3g3

ここ1年で40社ほど増加していて、そろそろ淘汰があっても良い頃。

固定通信

固定系ブロードバンドサービス(FTTH、DSL、CATV)の契約者数は鈍化。衰退期とはいわないまでも、成熟期の後ろの方に来ている感じ。

000403349.pdf_vxkc4

FTTHに絞った契約者数は、2758万で前期比+1.1%。
シェアはNTTが圧倒的。

000403349.pdf_99w5c

ただし、都道府県別に見ると、関西は電力系事業者ががんばっていますね。

000403349.pdf_rfmgp

音声

音声は固定電話が衰退期に入り、そのパイをIP電話が食べているという状況が変わらず。

000403349.pdf_jgzt3

IP電話におけるキャリアシェアはNTT系で約55%、KDDIが28%でこれだけで全体の80%以上を占めている状況。

000403349.pdf_sduk1

まとめ

モバイル契約者は1億5000万を超えてきていますが、今後IoTが普及すれば(普及するとは言ってない)契約者数も増えることを考えると、まだまだ成長余地はありそうです。

キャリアごとのシェアを見ると、ソフトバンクにかつての勢いが見られません。一時期、ドコモ大丈夫か?!なんて時もありましたが、契約者数だけを見る限り、さすがドコモという印象。

MVNOは順調に契約者数を伸ばしていますが、まだ7%なんですね。もっと伸びても良いようなもんですが、まだまだMVNOの認知度が低いのが原因ですかね。私の周りでも「MVNOなんか怪しい・・・」と思っている人もいるので、MVNOの認知度向上が成長の鍵かと。

固定通信と音声は、まぁこんな感じですかね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください