ドローン・レースが面白い!

近い将来ドローン・レースが数百万ドル規模のスポーツになるんじゃないかと個人的に感じています。

「たかがドローンだろ?」と思う方、まずは以下の動画を見てみてください。

Is drone racing the sport of the future?

Welcome to the multimillion-dollar Drone Racing League. It feels like pod racing from Star Wars, but could very well become the first sport of the 21st century.

Posted by Quartz on 2016年1月26日

完全にスター・ウォーズの世界!スピードは時速100kmを超えるそうです。

米国ではe-sports市場が定着していて、賞金総額10億円以上という大規模な大会まで開催されていますので、十分ドローン・レース・ビジネスが受け入れられる土壌はあると思っています。

ということで、ドローン・レースについて少し調べて見ました。

すでに海外では盛り上がってきている

調べて見ると、既に海外ではいくつかのドローン・レース大会が開催されているようです。
以下の動画は、2015年に開催された「National Drone Racing Championships」という賞金は2万5000ドルという大規模な大会の模様です。

日本での盛り上がりは?

日本でも少し遅れて盛り上がりつつあるようで、なんと賞金総額100万ドル(約1億2000万円)という大規模な国際大会の日本選考会が2月に開催される模様。

賞金総額1億円超、国際ドローンレースの日本選考会が慶應SFCで2月14日開催。入場無料 – Engadget Japanese

アラブ首長国連邦・ドバイで開催される国際ドローンレース『World Drone prix in Dubai』。賞金総額100万ドル(約1億2000万円)という前例のないほど大規模なレースの日本選考会が、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスで2月14日に開催します。 …

アラブ首長国連邦・ドバイで開催される国際ドローンレース『World Drone prix in Dubai』。賞金総額100万ドル(約1億2000万円)という前例のないほど大規模なレースの日本選考会が、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスで2月14日に開催します。

ドローン・レースは、人が乗っていないので危険が無い上に、ドローンに搭載しているカメラでリアルタイムにスリルある映像を体験できるという点、さらに初期投資が比較的安いので参入障壁が低いため、ユーザーが増えやすいスポーツではないかなと思います。

近い将来日本でも国内リーグが創設されて、プロのドローン・レーサーとか出てきて東京ドームとかでレースが開催される日が来るんじゃないかと妄想する今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください