「OpenSignal」が最新の国別LTEカバレッジ&ダウンロード速度比較を発表

世界中のモバイル利用者が、通信状況をクラウドにアップロードすることで、世界規模で電波状況を共有できるサービス「OpenSignal」が最新の国別LTEカバレッジ&ダウンロード速度比較を発表しています。

The State of LTE February 2016 – OpenSignal

LTEカバレッジとダウンロードスピード比較

以下のグラフは2015年4QのLTEカバレッジとダウンロードスピード比較を日本のキャリアに絞って表示させています。

The State of LTE February 2016 - OpenSignal_0gtus

カバレッジはKDDIが最も良くて、ダウンロードスピードはソフトバンクが最も良い結果になっています。

国別のLTEカバレッジ

以下のグラフは国別のLTEカバレッジです。

The State of LTE February 2016 - OpenSignal_c09dv

1位は韓国の97%で、日本は2位の90%です。米国は7位の81%となっています。

国別のダウンロードスピード

国別のダウンロードスピードは以下のようになっています。

The State of LTE February 2016 - OpenSignal_bbnp3

1位はシンガポールの37Mbpsで、2位はニュージーランドの29Mbps、3位はハンガリーの28Mbpsとなっています。日本は34位の12Mbpsとなっています。

詳細の内容については、以下の記事を参照ください。

The State of LTE February 2016 – OpenSignal

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください