MacでDockerを使う(インストールから起動まで)

docker

今更ながらDocker使い始めましたが便利ですね。

Dockerの最大の魅力は、コンテナごとデプロイできるってこと。
つまりローカルでDocker上に環境構築したコンテナを、クラウド上にアップロードしてやればデプロイが完了できてしまうということ!便利な世の中になりましたねぇ!

ということで、MacでDockerを使える様にしましたので、個人的にメモしておきます。

インストール

XCodeとHomebrewをインストール

XCodeのインストールと、パッケージ管理ツールのHomebrewをインストールします。
以下の記事を参考にインストール。

MacにHomebrewをインストールする – Qiita

Virtualboxインストール

MacでDockerを使うには、Virtualboxが必要になるのでインストールします。

以下からMac用のパッケージをダウンロードします。

Downloads – Oracle VM VirtualBox

dmgファイルで提供されていますので、ダブルクリックでインストールします。

Dockerインストール

$ brew update  
$ brew install docker boot2docker  
$ docker -v  
Docker version 1.5.0, build a8a31ef

boot2docker の初期化・実行

$ boot2docker init

「boot2docker init」で、VMイメージのダウンロードが始まります。

$ boot2docker up  
Waiting for VM and Docker daemon to start...  
..................oooo  
Started.  
Writing /Users/itbook/.boot2docker/certs/boot2docker-vm/ca. pem  
Writing /Users/itbook/.boot2docker/certs/boot2docker-vm/cert.pem  
Writing /Users/itbook/.boot2docker/certs/boot2docker-vm/key.pem 
To connect the Docker client to the Docker daemon, please set:  
    export DOCKER_HOST=tcp://192.168.59.103:2376  
    export DOCKER_CERT_PATH=/Users/itbook/.boot2docker/certs/boot2docker-vm  
    export DOCKER_TLS_VERIFY=1

「boot2docker up」でVMを起動します。

メッセージに、DOCKER_HOST、DOCKER_CERT_PATH、DOCKER_TLS_VERIFYの三つの環境変数を設定しろと書いてあるので設定します。

この環境変数を一括で変更してくれるコマンドが用意されています。

$ $(boot2docker shellinit)  
Writing /Users/itbook/.boot2docker/certs/boot2docker-vm/ca.pem  
Writing /Users/itbook/.boot2docker/certs/boot2docker-vm/cert.pem  
Writing /Users/itbook/.boot2docker/certs/boot2docker-vm/key.pem

Virtualboxをみてみるとboot2dockerというVMができているのがわかります。

VirtualBox

インストールしたVMにSSHログインしてみます。

$ boot2docker ssh  
                        ##         .  
                  ## ## ##        ==  
               ## ## ## ## ##    ===  
           /"""""""""""""""""\___/ ===  
      ~~~ {~~ ~~~~ ~~~ ~~~~ ~~~ ~ /  ===- ~~~  
           \______ o           __/  
             \    \         __/  
              \____\_______/  
 _                 _   ____     _            _  
| |__   ___   ___ | |_|___ \ __| | ___   ___| | _____ _ __  
| '_ \ / _ \ / _ \| __| __) / _` |/ _ \ / __| |/ / _ \ '__|  
| |_) | (_) | (_) | |_ / __/ (_| | (_) | (__|   <  __/ |  
|_.__/ \___/ \___/ \__|_____\__,_|\___/ \___|_|\_\___|_|  
Boot2Docker version 1.6.0, build master  
Docker version 1.6.0  
docker@boot2docker:~$

コンテナを使ってみる

「docker pull [イメージ名]」でイメージをダウンロードできます。
cnetosを使ってみます。

$ docker pull centos:latest

$ docker images  
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             VIRTUAL SIZE  
centos              latest              7322fbe74aa5        2 weeks ago         172.2 MB

コンテナの起動は「docker run」コマンドを使います。

$ docker run -t -i centos /bin/bash  
[root@24f59c80d84e /]#

無事にコンテナ上のcentosにログインできました。

今回はここまで。

作成したコンテナを削除します。

$ docker ps -a  
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS                       PORTS               NAMES  
58687ab7b9f7        centos:latest       "/bin/bash"         3 minutes ago       Exited (127) 3 seconds ago                       stupefied_mccarthy  
$ docker rm 58687ab7b9f7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)