エリクソンが最新のモビリティ・レポートを公開

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_98003

エリクソンが最新のモビリティ・レポートを公開しました。

Ericsson Mobility Report is one of the leading analyses of data traffic available, providing in-depth measurements from the world’s largest selection of live networks spread all around the globe.

via:Ericsson Mobility Report – Ericsson

Ericsson Mobility Report 2015(PDF)

以下にサマリを紹介します。

モバイル加入者の状況

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_t3lh5

2014年の世界のモバイル加入者すうは71億人で、2020年には92億人に到達する見込み。

トラフィックの状況

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_g6u36

2014年のモバイルの月間トラフィック量は、3.3 EB/monthで、2020年には30.5 EB/monthまで急増する見込み。

地域ごとの加入者状況

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_xftih

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_ukw1y

2015年Q1の国別純増数は、インドが2600万でトップ。日本は400万の純増で5位。

モバイル技術の割合

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_4ca6w

LTEが順調に増えて、GSMが減少傾向し、2020年にはLTEが37億、WCDMA/GSMが38億加入者となる見込み。

インターネットに接続するデバイス数の推移

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_itjht

2014年では2.3億だったM2Mが大幅に増加し、2020年には260億デバイスがインターネットに接続されると予想。

2015年Q1のモバイルトラフィック

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_5dypk

データトラフィックは2014年Q1と比べて、55%の成長率。

アプリケーションごとのモバイルトラフィック

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_bvlre

2014年は全体トラフィックの45%がビデオトラフィックだったのに対し、2020年には全体の60%がビデオトラフィックになる見込み。

スポーツとソーシャルネットワーク

スポーツをリアルタイムで観戦しながら、ソーシャルネットワークを利用することが一般的になってきていて、モバイルトラフィックの傾向をみても明らかになってきているとのこと。

2014年のサッカーワールドカップの時には、WCに関するトラフィックが、4850万の写真のやり取りや450万のボイスコールのやり取りで、26.7TBに達したとのこと。
試合中のデータトラフィックは1.5TBに達し、普段の平均トラフィックの5倍のトラフィック。

ワールドカップ決勝の日のトラフィック推移

www.ericsson.comresdocs2015ericsson-mobility-report-june-2015.pdf_57z72

詳細いついては以下のPDFをチェックしてみてください。

Ericsson Mobility Report 2015(PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください