Analysys Masonが2014年のモバイルデータ使用量を発表

通信市場専門調査会社のAnalysys Masonが2014年のモバイルデータ使用量を発表しています。

以下からサンプルレポートを見ることが出来ます。

Consumer smartphone usage 2014: mobile data usage – Reports – Content | Analysys Mason

レポートは、フランス、ドイツ、英国、米国におけるスマートフォンのデータ使用量についての分析が掲載されています。

全スマートフォントラフィックのうち、セルラー網を使ったトラフィックは全体の19%にとどまり、2019年には16%に減少すると予想。

Analysys_Mason_consumer_smartphone_Apr2015_samples_ToC_RDMM0_RDTN0.pdf 2015-04-16 09-10-06

残りの81%がWiFiを使ったトラフィックで、WiFiトラフィックのうち、90%が自宅のWiFi接続からのトラフィック。

次に多いのがキャリアのホットスポットで、WiFiトラフィック全体の2.1%。

Analysys_Mason_consumer_smartphone_Apr2015_samples_ToC_RDMM0_RDTN0.pdf 2015-04-16 09-16-13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください