2014年Q4 世界のスマートフォンOS市場レポート

IDCが世界のスマートフォンOS市場について最新のレポートを発表しています。

Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC

via:Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC – prUS25450615

レポートによると、2014年Q4時点でのiOSとAndroidを合わせたシェアが、全てのスマートフォン出荷台数の96.3%を占めているとのこと。

ただし、以下のスマートフォンOSごとの出荷台数を見ると、成長率は年々落ちてきていることが分かります。

スマートフォンOSごとの出荷台数、シェア成長率は以下の通り。

Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC - prUS25450615 2015-02-25 08-32-07

BlackBerryのシェアが大きく落ち込み、Windows Phoneの成長も4.2%にとどまっています。その代わりに、AndroidとiOSがそれぞれ32%、25.5%と順調に伸びています。

2014年Q4の結果を見ると、Windows Phoneの成長率は21.6%と健闘しているように見えますが、シェアは2013年Q4の3%から2.8%と下落していて苦しい戦いをしていることが分かります。

Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC - prUS25450615 2015-02-25 08-39-28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.