エボラ出血熱と他の感染症の感染力の違いについて

medium_12480076855

エボラの猛威は未だに収まっていませんが、エボラの感染力が他の感染病に比べてどの程度のモノなのかを調べていて見つけたのが以下のグラフです。

1276_microbescope4

For your reference and to satisfy a curiosity of mine around the contagiousness of microbes and pathogens, especially Ebola.

via:The MicrobeScope – Infectious Diseases in Context | Information Is Beautiful

縦軸が平均致死率で横軸が感染力を表しています。

エボラの致死率は70%と非常に高いですが、感染力がそれほど高くないのが唯一の救いでしょうか。

逆に致死率は1%以下と高くないですが、感染力が非常に高いのがマラリアです。
以下のWHOのサイトによると、2012年には2.07億人が感染し、死者が62.7万人とのことです。

10 facts on malaria

via:WHO | 10 facts on malaria

いずれにしてもこのグラフを見ると、必要な地域に効果的なワクチンを必要な数だけ届けることの重要性を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください