Cisco onePKで遊ぶ(実行編)

前回は、onePKを使うまでの準備まで行いましたので、今回は実際にonePKを動かしてみます。

Cisco onePK

VMを起動して事前準備が終了すると上図のように、デスクトップに最初からいくつかのアイコンが準備されています。

Firefoxアイコンの「onePK Tutorials」をクリックすると詳細なチュートリアルの説明を見ることが出来ますが、ここでは事前に準備されている「Start 3node」と書かれたアイコンをクリックしてデモ構成を起動してみます。

Cisco onePK

作成完了のメッセージが出てOKを押すと、ターミナルが3つ起動します。

Cisco onePK

これで、VM上にCisco IOSvルータが3台起動しました。

3node構成

準備されている3node構成のネットワーク構成は以下の通りです。

Untitled

各ルータのバージョンは以下の通り、15.4でした。

Cisco onePK

各ルータへのログインは以下の通り。

  • Router1
    Console:telnet 127.0.0.1 3533
    Aux:telnet 127.0.0.1 3534
  • Router2
    Console:telnet 127.0.0.1 3535
    Aux:telnet 127.0.0.1 3536
  • Router3
    Console:telnet 127.0.0.1 3537
    Aux:telnet 127.0.0.1 3538

onePKを動かしてみる

今回は最初から用意されているサンプルプログラムを実行してみます。
プログラムはC言語、Java、Pythonが用意されていて、今回はPythonを使ってみます。

Pythonのサンプルプログラムは以下フォルダにあります。

/home/cisco/onePK-sdk-1.2.0.173/python/tutorials

ネットワーク情報を取得するプログラム

ネットワーク情報を取得するプログラムは「element」フォルダにあります。

$ cd element/
$ ll
total 36
drwxr-xr-x 2 cisco cisco 4096 Mar 26 22:01 ./
drwxr-xr-x 13 cisco cisco 4096 Apr 28 18:03 ../
-rwxr-xr-x 1 cisco cisco 4032 Mar 26 22:01 ElementProcessTutorial.py*
-rwxr-xr-x 1 cisco cisco 3875 Mar 26 22:01 ElementPropertyTutorial.py*
-rwxr-xr-x 1 cisco cisco 3863 Mar 26 22:01 FRUTutorial.py*
-rwxr-xr-x 1 cisco cisco 159 Mar 26 22:01 __init__.py*
-rwxr-xr-x 1 cisco cisco 4699 Mar 26 22:01 NetworkElementTutorial.py*
-rwxr-xr-x 1 cisco cisco 1761 Mar 26 22:01 README*

NetworkElementTutorial.pyをRouter1に対して実行してみます。

$ ./NetworkElementTutorial.py -a 10.10.10.110
INFO:onep:NetworkElementTutorial:Reading arguments...
Enter Username : xxxxx ←事前に設定したUsernameを入力
Enter Password : xxxxx ←事前に設定したPasswordを入力
INFO:onep:NetworkElementTutorial:Connecting to Network Element...
INFO:onep:BaseTutorial:We have a NetworkElement :
NetworkElement [ 10.10.10.110 ]

WARNING: Certificate presented by remote host '10.10.10.110' is not verified.

The SHA-1 fingerprint sent by the remote host(10.10.10.110) is:
78:81:91:DA:17:58:42:04:B8:D7:CC:9A:54:C6:84:05:31:D3:32:A9

You MUST verify the certificate on remote host before proceeding!

Choose from following options:
Accept Once (o), Reject (r) (default) : o ←oを入力
INFO:onep:BaseTutorial:Successful connection to NetworkElement -
INFO:onep:NetworkElementTutorial:Done
INFO:onep:NetworkElementTutorial:NetworkElement parent - NetworkElementTutorial

接続が成功すると以下のように、ルータのハードウェア情報やメモリ、CPU情報が返ってきます。

NetworkElement [ 10.10.10.110 ]
Product ID : IOSv
Processor : IOSv Chassis
Serial No : xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
sysName : Router1
sysUpTime : 5111
sysDescr : Cisco IOS Software, IOSv Software (VIOS-ADVENTERPRISEK9-M), Version 15.4(1.24)T0.9, MAINTENANCE INTERIM SOFTWARE
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2014 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 21-Mar-14 00:59 by prod_rel_team

INFO:onep:NetworkElementTutorial:NetworkElement is connected - True
INFO:onep:NetworkElementTutorial:Free System Memory - 70262552
INFO:onep:NetworkElementTutorial:Total System Memory - 128176032
INFO:onep:NetworkElementTutorial:Total System CPU Utilization - 43
$

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)