総務省からMVNOサービスの利用動向に関するデータが公表されました。

MVNOが盛り上がっている中で、総務省からMVNOサービスの利用動向に関するデータが公表されました。

総務省|MVNOサービスの利用動向に関するデータの公表(平成25年12月末時点)

Screenshot

2013年12月末時点でのMVNO契約者数は1375万で、移動体通信契約者数の9%を占める。
ただし、MNOのグループ会社が、MVNOとしてグループ会社の網を使っている割合は51.3%を占めていて、同契約数からこれら「MNOであるMVNO」分を除いた場合は、移動体通信契約者数の4%強しかなく、契約数はで669万とのことです。

Screenshot

ただし、MVNOの認知度はまだ48%とのことなので、まだまだこの勢いは止まらないような気がします。

Screenshot

しかしあれだ、MVNOってのはMNOが補えないニッチな市場を狙うのが本来なのに、なんかMNOとMVNOの役割が逆転しているように思う今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください