アカマイが2013年1Qの世界のインターネットトラフィックレポートを公開

アカマイが2013年1Qの世界のインターネットトラフィックレポートを公開していました。

The State of the Internet 1ST QUARTER, 2013 REPORT(PDF)

セキュリティ関連では、世界の攻撃トラフィックのうちの34%が中国からのトラフィックとのこと。

www.akamai.com/dl/akamai/akamai_soti_q113.pdf?WT.mc_id=soti_Q113

国別のインターネット接続速度を見ると、韓国が14.2Mbpsでトップ。 日本は2位の11.7Mbpsで、世界平均は3.1Mbps。

www.akamai.com/dl/akamai/akamai_soti_q113.pdf?WT.mc_id=soti_Q113

ブロードバンドの接続率も1位韓国、2位日本。

www.akamai.com/dl/akamai/akamai_soti_q113.pdf?WT.mc_id=soti_Q113

資料によると、世界平均のインターネット接続速度は、3.1Mbps。

その他、世界的に関心のある出来事が起きたときの、インターネットトラフィックの変化についてもレポートされていて、ベネズエラのウゴ・チャベスが死去した時には、HTTPトラフィック(Hits/sec)が跳ね上がったとのこと。

www.akamai.com/dl/akamai/akamai_soti_q113.pdf?WT.mc_id=soti_Q113

他にも興味深いデータが公開されていますので興味ある方はどーぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)